雨天決闘

先の「大切な日」を読んで思い出したコトがあります。
心温ま…らないエピソードです( ̄∇ ̄;) 

あれはそう、11年前のある大雨の朝~♪(←歌うな) 
就職して間もなかった私は、浅い川のようになった道を
ずぶ濡れになりながら歩き、何とか通勤の電車に乗り込みました。

その時点で不快感も相当なモノだったんですが、
混み合う電車内、目の前に立っていたリクルートスーツの女性が、
こちらに向けて傘をガンガン当ててくるワケですよ。

もちろん無意識の行為なんでしょうけど、
「己の持ち物の管理ぐらいしとけよ」と…((o(-゛-;) 
自分で濡れる分には我慢も出来るんですが、
人に濡らされるのは苦痛でしかなく(ー'`ー;) 

根が短気な私、怒りメーターも上昇の一途を辿るままに抑えられず、
終点の駅に着くや、強めにぶつかりながら降りてしまいました。
腹が立ってたとはいえ、この行為もありえないっすけどね(・・*)ゞ 

その直後、背後で「何するとや!」の声が響き渡りました。
振り返ると、彼女は持っていた傘を振り上げ、凄まじい形相で睨んできます。
無理もありませんが…貴女は就職活動中じゃなくって?(; ̄ー ̄) 

私も黙ってその場を立ち去れば良かったんですが、
何故か反射的に傘を持ち上げてしまい、気付けば応戦の構え。
駅のホームで、まさかの武蔵と小次郎状態です(汗)。

「お前何や!」怒鳴られて「そっちこそ何よ!」と返し、
傘で殴られそうになったのを辛うじて振り払うと、
先方は何やら捨て台詞を吐いて去っていきました。

我に返ると、反対側のホームに停まってた電車の中から
大勢の乗客がこちらを見ています。やっちまった系?(T▽T) ←言わずもがな 

よい子のみんな、真似しないようにね!(* ̄  ̄)b ←しません 

by marooon8 | 2010-04-09 22:04 | ワタクシごと

<< 4月9日∞拍手御礼 くぼらの音楽(惜) >>