母の母の日

3年前の今日、母方の祖母が他界しました。
土曜の朝、陽光を眩しく感じながら病院へ向かったのを憶えてます。
母の日の前日でもありました。

93歳と5ヶ月、老衰に近かったのでしょうか? 
とても穏やかな最期でしたね。
もっとも、娘である母にとっては、
「大往生」なんて言葉じゃ片付けられない想いがあるようですが。

GW最終日、最後に会ったときには、
泣きながら私達を見送ってくれました。
毎週のように通っていた中、祖母が涙を見せたのも初めてのコトで…。
本人も何かしら察していたのかもしれません。

お通夜や葬儀など、一連の法要を終えた後で、
「お赤飯作ろうと思ってたのに」と母が泣き崩れました。
誕生日やお彼岸など、節目節目で手作りし、
祖母に食べてもらう機会を何より楽しみにしていたので…。

どう声をかけて良いかもわからぬまま
「お祖母ちゃんが『もうイイよ。休んどき』って言ってくれてるんだよ」
そんなコトを言って慰めたような気がします。
生意気な娘の言葉を、母は素直に受け入れてくれました。

祖母は私にとって完璧な女性だったんですよね。
何事にも努力を惜しまず、弱音を吐くコトもなく、
常に周りへの気遣いを忘れず、驕ったところも一切なく…。

母が私を躾ける際にも、祖母の言葉を多用してました。
「祖母ちゃんも言いよったよ」が口癖のように感じられるほど。
ずっと聴かされ続けてきたワリには、
ちっとも身についてないのが情けない限りです(;^_^A 

こないだの日曜日には伯母と4人でお寺へ行きました。
今回は伯母が赤飯を炊き、霊前に供えたりして…。

母達にとっての母の日、これからも続いていくんでしょうね。
そして私は、祖母に褒められた黒髪を今後もキープします☆(*^^*ゞ 

by marooon8 | 2010-05-12 20:11 | ワタクシごと

<< 5月12日∞拍手御礼 ありえへん∞世界 5/11 >>