おにぎり

このところ、水曜のお昼におにぎりを食べる機会が増えています。

きっかけは数週間前、ご飯が余っているのに気付き、
軽いノリで、おにぎりを作って食べたコトにありました。
それに気付いた母が、仕事の前に作って置いてくれるようになり…。

食べ比べてみて「やっぱり母親のおにぎりって違うんだなぁ~」と。
上手く言えませんが、ホッとさせられる味なんですよね。

前に書いたような気もしますが、
初めてエイトを観に熊本へ行った際にも、
おにぎりを作り、持たせてくれていたんです。
開演前に会場の外で1つ食べ、
帰りのバスで窓の外を眺めながら残りを食べました。

9年前、薬が合わなくてガッツリ凹んでた8月終わりには、
何も言わずテーブルの上に置いといてくれたんですよね。
食欲も全く湧かずに絶望していた時期でしたが、
泣きながらそれを食べ「生かされている」と感じたものです。

5年前の3月、地震に見舞われた夜も、
疲弊していた我々を鼓舞してくれたのが母のおにぎりでした。

「味を憶えてる」とは言えませんが、
情景は何れもハッキリと思い出されます。

「普通のご飯やったら多くは食べられんけど、
 おにぎりにしたら、たくさん入るけん不思議やね」

何度も繰り返される母の言葉と共に、
おにぎりを噛み締めるのが、私にとっての幸せなひとときです☆ 

by marooon8 | 2010-06-16 21:50 | ワタクシごと

<< 6月16日∞拍手御礼 ありえへん∞世界 6/15 >>