nickname nskdname

先日のレンジャーを受け、瞬く間に「にしやん旋風」が巻き起こりましたね。
大倉さんの思惑通りに事が運び…恐るべし影響力( ̄m ̄* ) 
「にしやん」ウチワを作る方も多くいらっしゃるのかなぁとか想像したり…(笑)。

嘗ての担任は「あだ名」という呼称そのものを嫌ってました(←唐突)。
「仇討ちする際の名」みたいに説明されてた記憶があります。
今になって調べたら「全然違うじゃん!」みたいな(T▽T) 

私は苗字をアレンジされるケースが多かったですね。
ま、弄りやすい姓だったのもありますし(笑)。

小学校の頃、あだ名に纏わるトラウマ的な出来事もありました。
ちょっと優等生っぽい子と親しくなって、
彼女から「○○って呼んで」と言われたのに、
しばらく経ってから「ゴメン、やっぱ呼ばないで」と拒まれ( ▽|||) 
彼女の中で何かしらの変化があったんでしょうが、
当時はワケがわかりませんでしたし、ひたすらショックでしたねぇ。
締め出された感みたいなのもありましたから…(_ _。) 
未だに思い出すってコトは、それだけ強烈だったんだろうなぁと(笑)。

その後「下の名前+ちゃん」呼びしてくれる友達も増え始め、
くすぐったさと嬉しさを同時に覚えたものです(〃∇〃) 

中学では…何て呼ばれてたっけなぁ?(  ̄_ ̄) ←忘却の彼方 
ヤンキー系の友達もいたので、苗字の呼び捨てとかもありましたね。

高校へ進むと、親友は頑なに「苗字+さん」呼びを貫き、
他の友達は苗字の呼び捨てで定着しつつあったんですが、
2年のクラス替えを経て、いきなりクラスの女子全員から
「○○りん」と呼ばれるようになります。苗字を縮めてのアレンジでした。
最初に気付いたのは体育の授業中。
不意の呼び名に戸惑ったものの、
一気に距離が縮まったように思えて嬉しかったです(〃⌒ー⌒〃)ゞ 
結局、卒業するまで…いや、未だにそう呼ばれてますね。

最初は呼び捨てだった悪友Sも気付けば追随してて、
それが妙にイラッとしたり(ー'`ー;) ←器が小さい 
ヤツも同級生からあだ名をつけられたんですが、
私は頑としてその名前で呼びませんでした<( ̄- ̄)> ←威張るな 

大学でもサークルの先輩達から下の名前をアレンジして呼ばれたり、
後輩に「下の名前+先輩」な呼び方をされて悦に入ったり…。
同期の友達からは「下の名前+ちゃん」で呼ばれてましたね。

自分が相手を呼ぶ際は、未だにちょっと警戒します。
呼び捨てにするケースは殆どないですねぇ。
大抵「○○ちゃん」だったり「○○さん」だったり…。
アレンジしてオリジナルの呼び名を付けたのも1人だけ。
それもまた定着しませんでしたが(爆)。

気付けば、このHNとも10年近い付き合いになります。
ま、名付けたのは自分に他ならないんですけど(笑)。
普通に会って「りむさん」とか「りむちゃん」とか呼ばれても、
何の抵抗もなく返事できてる自分が少しおかしくて♪(〃∇〃) 

「芸名ってこんな感覚なのかなぁ?」とか考えちゃいます(*´σー`) 
そういえばサインも…って調子乗んな!(・_;☆\(-_-) 

by marooon8 | 2010-07-11 22:08 | ワタクシごと

<< 7月11日∞拍手御礼 愛の修羅バラ 7/11(6/27) >>