Ride on time

大阪のチケットが届く前に、
大阪行きのチケットを手配してきました。
はい、「ギルバート・グレイプ」関連のネタです(; ̄ー ̄A 

ややこしい記述、且つ京セラ公演に被せてくる悪質さ(爆)。
紛らわしさを倍増させてしまい、誠に申し訳ございません!<(_ _)> 

一先ず、交通手段は確保できた形になりますが、
「もし、これで当選してなかったら…」という不安は拭えず、
何度も受領証を取り出し、確認してしまったり(←心配性の悪魔)。
支払期限の案内メールに起こされたときは虚しさを覚えました( - ゛-) 

しかし、この私がホントに1人で乗って行けるんでしょうか? 
子供の頃…いや、母のお腹の中にいる時期からカウントすると、
3桁近くは搭乗しているはずなんですが、未だに慣れないんですよねぇ。
ま、年に1~2度って間隔なので、無理もないんでしょうけど(・・*)ゞ 

機械の操作には自信がありますし、
予約センターで働いてた過去もあるため(※たった半年)、
搭乗手続きなどに関する不安は特にないです。
寧ろ、得意になって陣取ってしまうような性分ですから。
しかし、やはり実際に搭乗してみるとなると…ねぇ?(←何だよ) 

何度も書いてて、大概しつこいですけど、
海外へ2人旅した過去が、未だ信じられないっす( ̄∇ ̄;) 
卒業旅行でL.A.(ラ?)に向かったのが1999年2月24日。
なるほど、同じ卯年にジャンプしてたんだなぁとか(←そこかい)。

初のピン搭乗まで2ヶ月を切ってます。
ただでさえ、飛行機が得意じゃないのに、
厄介な病気までオプションとして付いてますからねぇ(ノ_-;) 

以前、新潟からの帰りに座席指定をしくじり、
親子3人で並んで座れなかったときがあったんです。
たまたま体調が頗る悪い時期でもあり、
母に手を握ってもらいながら通路側で震えてたり…。

そんな折、見兼ねた様子のCAさんがキャンディをお持ちになったり、
笑顔で話しかけて下さったり…あ、書いてたら思い出して涙が(←アホ)。

やはり高嶺の花といった感じで、近寄り難い印象のある職種ですけど、
しゃがみ込み、目を合わせて下さる様子に安堵させられたのを今も憶えてます。

なので、来年2月も、きっと大丈夫!(〃⌒∇⌒)ゞ ←雑すぎるまとめ 

by marooon8 | 2010-12-30 17:02 | ワタクシごと

<< 12月の雪 Re:丸の大切な日 Dec.30 >>