フォト異論

朝方、屋根や路面に積もっていた雪、
カメラに収める間もなく融けてしまいました。
やーねー!( 」´0`)」 ←木久翁師匠リスペクト 

えぇ、私はガッツリ風景の写真を撮る人間です。
空の青さにハッとさせられたり、雲の形にニヤッときたり、
陽射しが齎す情景に恍惚としたり…その都度カメラを向けます。

月や太陽は今ひとつ綺麗に写せませんねぇ。
虹の画像とか特にテンション上がっちゃったり☆(〃∇〃) 

視界を越えるフィルターがないのは百も承知。
心に訴えかける何かがあれば残したいと思うだけです。

昔から、人物より景色を写す方が好きです。
ちなみに、父は風景をムービーで撮ったりしてます。
それこそ「意味ないやろ!」って思わされるんですけど( ̄∇ ̄;) 

見返したときに興奮や感動が蘇るというよりは、
記憶の呼び水のような役割を求めてしまうんですよね。
景色を眺め、何を感じていたかも自ずと思い起こされますから。

かく言う私も、卒業旅行の際、
パノラマの夜景を眼前にして感極まりながら、
インスタントカメラを構える友人に引いてましたが(←勝手)。

私の携帯の画像フォルダには、
メンバーが写した写真も多く保存されています。
転送できないのも、機種変を躊躇う一因だったり…。

最も多いのは、言うまでもなくマルちゃん♪(*^o^*) 
それこそ「何これ?」ってのも少なくないんですけど(・・*)ゞ 
手元に残すだけでなく、我々に見せてくれるのが有難いなぁって♪ 

ヨコさんも、雪景色を見せてくれましたよねぇ。
確か、ヒナちゃんの誕生日当日だった記憶が( ̄m ̄* ) 
海外で描かれた似顔絵に改めて噴き出したり、
ドラマ現場での紙コップのイラストにホッコリしたり。
鯛焼き越しの海の画像なんかも愛らしかったなぁ♪(*´∇`*) 
佐世保の猫、マルちゃんの写したモノと見比べて心和まされます♪ 

たっちょんは風景より食べ物が多めですね(笑)。
私物関係では、何故かヤスくんの小物が多かったり。
グアムの画像も、マルちゃんとは写し方が違うんですよねぇ。

「通信」では防戦一方だったヤスくん、
風景写真は意外にも僅かなんですよねぇ。
小物やイラストなどが多めで、謎の木が写されてたり(汗)。
いつか、ヒナ亮を唸らせた宮島の夕陽をミセテクレー!(〃 ̄∇)」 

なんとなく「47」写真集を引っ張り出してみました。
各々が、カメラマンとして様々なモノを写していたなぁと…。
ヒナちゃんも、何だかんだで楽屋口の模様を細かく収めてます。
よく見ると、マルーズブートキャンプが催されてたり(ノ∇≦*) 

亮ちゃんの場合は、写真がなかったおかげで、
感想文という副産物が生まれたのかもしれませんが(*^m^*) 

お題の関係もあるでしょうか? 
最も多くの空を写してたのは渋谷さんです(爆)。
webでも、しばしば載せられていますし、
某誌の連載には写真のコーナーもあり…。

亮ちゃん、「アホちゃう?」って言えます?(ΦωΦ) ←意地悪 

by marooon8 | 2011-01-31 17:44 | ワタクシごと

<< 8×3号 Re:丸の大切な日 Jan.31 >>