ちりょう。

3週間ぶりの通院日、
道中…いや、道チュウでは全く不安を覚えませんでした。

やはり、大阪での時間を楽しめたのが
確かな自信に繋がってるんでしょうね♪(〃⌒∇⌒)ゞ 

博多駅の構内を見て回ったり、スタバでお茶したり、
余裕がありすぎて、到着はギリギリになりましたけど(;^_^A 

診察では、2日前の報告がメインとなります。
何度「舞台を観に行ってきたんですけど」と伝えても
「コンサートはどうでした?」な返事になるのは致し方なく…(笑)。

事前には少なからず緊張していたものの、
大阪到着後に不安や恐怖を感じるコトは殆どなく、
乗り換えで勝手に焦りや動揺を覚える程度でしたからねぇ。

主治医が「ほぉー」とか言う以上に
私自身が驚き感心していましたので☆( ̄∇ ̄*)ゞ 

観劇チュウ、我に返る瞬間もありませんでしたし、
終わってからも「なるようになるて」精神で凌げたんですよね。

今回、ちょっと悔いの残った部分について、
別の機会にリベンジしたいと考えてる自分もいます。
意欲が湧くのも、快復の表れだろうなぁ…なんて♪(⌒-⌒)b 

はて、主治医には、ここまで話してましたっけ?(;^_^A 

10年前の当日云々って話には、
さほど興味を示してないような印象でした。

先週のOG会に関しても
「病気とは関係ないね」的に言われて
思わずカチンときてしまったりとか(←短気+餅好き)。

数年前まで、大宰府へ向かう己を案じ、
ギリギリまで迷った挙句に出席を見送ってましたから。

今回は、大阪行きの前哨戦というか、
弾みをつける機会に変えられた点でも
有意義な集まりだったと言えるんですよね。
来年以降、更に楽しめそうな予感もありますし♪(*´σー`) 

今後の予定などを問われる中で、
唯一、素直に頷ける主治医の言葉がありました。
それは「貴女はイイ人達に囲まれてるね」というもの。

もちろん、今の私にとって何よりの支えですから☆ 

by marooon8 | 2011-02-25 21:56 | ワタクシごと

<< 2月25日∞拍手御礼 クレヨンしんちゃん 2/25 >>