一季一憂?

「8の付く火曜日」という共通点を見出しながら、
ピアスを外し、髪を下ろして、美容院へと出陣!(* ̄0 ̄)ノ 
仕事着ですが、とりあえずエプロンは外しました(←要らん補足)。

今回も予約ナシの飛び込み。
クリームバスやヘッドスパなど、
惹かれるモノは数多あるんですけど、
こちとら、度胸も余裕もございません(ノ_-;) 

スタイリストさんは今回も笑顔で迎えて下さり、
簡単な打ち合わせの後でシャンプー台へ誘導されました。
やはり、洗髪担当のアシスタントさんはイケメンです(*´ェ`*) 
椅子を倒されると、為す術もなく…好きにしてちょーだいっ!(違) 

予洗いの段階では気を紛らすコトも出来ましたが、
いざシャンプーを泡立てられると、脳内までアワアワに…。
あ、これ前に使ったフレーズですかね?(; ̄ー ̄) ←どうでもイイ 

大きく息を吐いて白い布を揺らす女(me)に、
「大丈夫ですか?」「苦しかったら言って下さいね」
イケメンさんが優しい言葉を掛けられ…涙ちょろり~♪(懐) 
胸が温かくなり、症状が和らぐはずが…ヘソ曲がり発動っ!(ノ||| ̄▽)ノ 

自分の中の「よくぞ見破ったな?」的な焦りに加え、
カットに至るまでの不安も襲い掛かってくるから厄介です。
不快な寒気に「久しぶりだーねぇ♪」と歌いたく…なりません(当然)。

アレコレ考えている間に限界が訪れ、
初めて、洗髪の手を止めさせてしまいました。
応急処置的に、顔を覆う布を外したアシスタントさん、
「どうしましょうか?」「起こします?」と言って下さいます。
畏れながらも「早めに流してもらってイイですか?」と頼んじゃいました。

そう発したコトで、こちらは軽くなったんですが、
先方を慌てさせるハメになったのは確かなワケです(_ _。) 
耐えられぬ己を悔いても…後の祭りよぉ~♪(※“お祭りマンボ”より) 

様子を見ながら「もう少し流してもイイですか?」と
確認して下さったおかげで、泡の呪縛から逃れられました。

やっとの想いで、席に戻る途中、
スタイリストさんへ報告される様子が目の端に映ります。
「よかったら、お水でもお持ちしましょうか?」的に気遣って頂き、
なんとなく断った後で「貰っときゃ良かった」なんて思ったり(←狡い)。

「なるべく早く済ませますからね」と笑顔で仰り、
時間短縮のために2人がかりでブローして下さいました。
会話で緊張を解して頂きつつ、素早くも妥協のない仕事ぶり。
「やっぱ、このお店が好きだ!」と改めて感じた次第です☆(*'▽'*) 

BGMも、スティービーからジャミロクワイへ移るのが心地好く、
思わず口ずさみそうになったり、自ずと身体が揺れたり(←元気じゃん)。

先方も多分に当惑されたはずですけど、
一切、そうした素振りを見せられなかったため、
最終的には、安心してお任せするコトが出来ました。
こういうのを「怪我の功名」って言うんでしょか?(←虫良すぎ) 

今後、天井にモニターでも置いてもらえたら…。
いえ、マメに通って慣らすべきでしょうね♪(〃⌒∇⌒)ゞ 

前髪も短くなったし、先の見通しは明るいはずっ☆ヽ(▽⌒*) 

by marooon8 | 2011-06-28 18:16 | ワタクシごと

<< 365+365 Re:丸の大切な日 Jun.28 >>