すけいちさん。

9月15日が「敬老の日」だった頃、
父方の祖父が、この世を去りました。
1988年の今日、木曜日だったんですよね。

祝日の朝、母に起こされ、
静かに告げられたのを今も憶えてます。

伯父が面会を終えて帰った直後の急変で、
最期を看取るコトは叶わなかったとも聴きました。

大正元年の生まれ、
存命なら、白寿だったんですよねぇ。
そして、現在の父と10歳しか違わないんだなぁと…。

ヘビースモーカーの遺伝子は伯父が引いたらしく、
ギャンブラー気質は息子2人が共に受け継いでるみたいです(;^_^A 
私の中では、とにかく「ヤンチャな祖父ちゃん」のイメージがあります。

もちろん、私自身は年に数える程しか会っておらず、
どんな言葉を交わしたのかさえ記憶にないほど昔の話ですが、
父の親族が口を揃えて言うには、とにかく豪快な男だったとのコト。

「石橋を叩いて渡る」ではなく
「石橋が掛かった途端に走り出す」タイプだと言われてました。
この辺りも、息子達に通じてそうな感じがするんですけどね(*^^*ゞ 

お茶の淹れ方ひとつにも拘る一方、
夏場はアイスをコップに挿しながら食べたり、
オチャメでファンキーな人だったんでしょうねぇ。

最後の夏は、流石にキツそうでしたが、
3人の曾孫が相次いで生まれてきたコトが、
生きる力を与えていたのかもしれないなぁと…。

そして、最後の年に対面する機会を多く設けたのは、
4ヶ月前に他界した祖母に他ならなかったんだなぁと(*゜‐゜) 

今も、仲良く過ごしているであろう祖父母に想いを馳せてます♪(*´σー`) 

by marooon8 | 2011-09-15 21:02 | ワタクシごと

<< 9月15日∞拍手御礼 レンジャー感想 9/15 >>