17年後の17日

毎年、5時46分を意識します。
夜明け前、暗闇の恐怖は計り知れません。

知らない世代も増えてきました。
あの頃に生まれた子供達も既に高校生、
月日の流れを実感させられるばかりです。
昨春のセンバツの選手宣誓を思い出したり。

当時、初めて知る言葉が幾つもありました。
「活断層」「余震」「ライフライン」「PTSD」等々…。

変わった制度も少なくありません。
耐震基準、震度の測定も改まったはずです。
防災意識が高まる機会にもなったでしょうね。

通信手段が発達してなかった時代、
インターネットは殆ど普及しておらず、
携帯電話の所有者も一握りだったかと思われます。
ニュースで、公衆電話に列を成す人々の姿を見ました。

テレビ・ラジオ・新聞等の媒体で得られる情報が殆どでした。
報道のため、救助活動が阻まれる場合があったとも聴いてます。
時の流れに伴い、その点が改善されているのかは、甚だ疑問です。

思い出す光景は、今も昔も変わりません。
これから先も、同じ場面を回想し続けるでしょう。

ずっと忘れず保ったまま、
伝えていけたらと考えています。

by marooon8 | 2012-01-17 22:24 | ワタクシごと

<< 1月17日∞拍手御礼 I see the light >>