退職記念日

2001年の今日も金曜日でした。

2月の初発作から、
通院→断薬→小康→再発と、
激動の初春を過ごした24歳。

4月の2日間も
頓服の効果を待たずに早退し、
己を不甲斐なく思ったものです。

4日に派遣会社へ電話し、事情を伝えたところ
「だから早退や欠勤が多かったのね」的に言われ
「今後は続けられる?」シビアな疑問が投げかけられました。
その時点で結論を出せず、後日、月内の休職を申し出たものです。

それから2週間余り、
概ね家の中でボーッと過ごしつつ、
調子のイイときは外出を試みたりもしました。
途中で怖くなって帰るケースも少なくありませんでした。

そして20日の通院後、会社まで足を伸ばします。
社員さんに「来月までに復帰できる自信がない」告げたら
「一旦、契約を解除してみたらどう?」的に提案されました。

「復調したら戻っておいで」と励まされ、
少しだけ気持ちが軽くなったのを憶えてます。
先のコトをどう捉えていたかは思い出せないものの、
前向きに治療へ取り組む力を与えられたような気がします。

あれから11年を経た今日も病院へ行きました。
もちろん、日付を意識しているのは自分だけです。

当時は毎週の診察でさえ不安で仕方なかったのが
「また1ヶ月後でイイ?」の問いに「はい!」と即答し、
「次から薬を減らす方向で」打診されて快復を実感したり…。

これまでの道程にも
意味はあるんでしょうね♪(*´σー`) 

by marooon8 | 2012-04-20 22:52 | ワタクシごと

<< 4月20日∞拍手御礼 Beat On Box >>