心☆配☆Show!!

そんなテンション高いテーマでもないんですけどね(; ̄ー ̄A 
「引かれてしまうかもなぁ…」って内容ではあります(笑)。

以前から何度か書いてきましたし、
昨日の動揺ぶりからも、ある程度ご理解頂けてるかと存じますが、
マイナス方面への想像力が逞しすぎて困ってるんですよ。

幼少期に遡ってみると、例えば両親が外出先から戻ってきたとき
「ホントにこの男女は私の親なのか?」というところから疑ってました(怖)。

それこそ「左目探偵EYE」秋SPでのヨコさんみたいに、
「親の仮面を着けて現れた全くの他人なんじゃ?」なんて想像したり。
確認のため、あえて親じゃないとわからないような話題を振り、
反応を探ってみたりする気味の悪いガキでしたねぇ( ̄  ̄;) 

今でも、両親が外出して留守番してる間とか、
アレコレ考えては勝手に不安になったりしてます(・・*)ゞ 
流石に親が本物かどうかまでは確かめなくなりましたけど(←当然)。

んで、確か8歳の誕生日だったと思うんですが(エイト♪←わかったから)、
母が私の大好物である肉じゃがを作ってくれました。
しかし、間の悪いコトに「ジャガイモの芽には毒がある」と
学校で教わった直後の誕生日だったんですよね。
「ひょっとしたら、この肉じゃがにも毒があるんじゃないか?」などと訝り、
結果的には母を泣かせてしまったという…最悪でしょ?(T▽T) 

ちなみに受験前、テキストを捨てられかけてた時期なんかは、
リアルに「毒殺されるかも」と懸念してました(爆)。

他にも、夜中に物音がすると、その音のする方へ向かい、
あらゆる場所を隈なく確認して歩いたものです。
浴槽の蓋を開けたり、便器の中まで探ってましたから。
そんなとこに隠れられる人物がいるなら、
寧ろお目にかかってみたいくらいです(・_・) 

「確認してる隙に後ろをすり抜けてるんじゃないか?」とか
「部屋の死角に潜んでるんじゃないか?」とか
悪い方へ考え出すと止まらなくなっちゃって…。
結局は家中を徘徊してしまってたという(汗)。
誰よりも私が一番怪しかったワケですな( ̄∇ ̄;) 

尚、疑心暗鬼な娘に反し、両親は疑うコトを知りません。
しょっちゅう、いろんな話を振られては騙されてます。
こうなると、私の出自そのものが疑わしくなってくるような…(ー'`ー;) 

何事に於いても程々な感じが望ましいんですけどねぇ(;^_^A 

by marooon8 | 2010-01-20 20:50 | ワタクシごと

<< 1月20日∞拍手御礼 ありえへん∞世界 1/19 >>