愛の修羅バラ 3/14(2/21)

今日は、CATVの業者さんが来られるとのコトで、
朝からヤケに慌しく過ごしてました(; ̄ー ̄A 
ヤキモキしそうなところをどうにか抑えた大人な私(←思い込み)。

結局はお昼前に来られ、早々と作業を終えて帰られました。
ちょっと拍子抜けしちゃいましたが、仕事の速さに尊敬っす☆・:*:・ ( ̄* ) 
つーか、新しいテレビに録画機能はなさそうです。チッ!(←舌打ち) 

そんなワケで3週間遅れの状態に寄せてきた「修羅バラ」
テロップには「2月28日放送分」とあったんですけど、
FBSさん、その日は東京マラソンでしたよ~♪( ̄m ̄* ) ←嫌な感じ 



マルちゃんの衣装は鮮やかなブルーのカーディガン、
インナーが白とグレーのボーダーT、黒系のジーパンに茶色の靴ですね。
ネックレスと指輪と笑顔が輝いてて、ま、ま、まぶし~い☆(*ノノ) 

純次さんが「2月の終わりでそろそろ桜が~」と話してて、
やすともが名古屋でレギュラー持ってたなんて話もあり、
上沼さんの初舞台が名古屋だったそうで「心の故郷」なんて言葉も出て
それに対するマルちゃんの拍手が左メインで…そんなオープニングでした(緩)。

今回は「親の顔が見てみたいSP」と銘打たれた企画で、
先ずは坂上忍さんとザブングル加藤さんが登場されます。
マルちゃんの拍手は左ですね。ちょっと傾向読めてきたかな?(* ̄σー ̄) 
何時の間にか、相方の松尾さんがマルちゃんの横に座ってました(笑)。
加藤さんが35歳だと言うと、スタジオでは「えぇ~!」の声が上がります。
どっちの「えぇ~!」なのかは私にもわかりません( ̄∇ ̄;) 
松尾さんは男前だとか何とか言われてましたが、
右に映る見切れ山さんは更に男前…(〃∇〃) 
隣の松尾さんが眼鏡外した顔をモニター越しにチェックしてみたり、
「男前と下駄」という形容に笑ったり、表情豊かなデコ山さんです♪(*^^*) 

ダメ息子の所以について、加藤さんは「ブサイク・面白くない」
坂上さんは「超潔癖症・ギャンブル狂」との理由が挙げられます。
ブサイク云々ってのは、確かにご本人の責任じゃないっすよねぇ(・・*)ゞ 
去年9月に結婚されたとの話で、またもやスタジオが騒然となり
マルちゃんは、その様子に驚いちゃってました( ̄m ̄〃) 
面白くないという項目については、見ていた子供からダメ出しされたとか…(汗)。
一方の坂上さん、潔癖症エピソードは有名ですよねぇ。
家にいるときはずっと掃除されてるってのも流石だなぁと( ̄ー ̄;)ゞ 
後輩を家に上げるときは床に新聞紙を敷き詰めるとも仰ってて、
「普通でしょ?」な坂上さんに「いやいやいやいや…」と苦笑いで否定(;^_^A 
上沼さんは、ご近所の奥さんから
玄関で足を洗って上がるよう命じられた過去があるらしく、
それに被せ、ともこさんがやすよさんの潔癖エピソードを暴露してました。
下着1枚の状態にして入念にチェックした上で家に入れてたとか。。゛(ノ><)ゝ 
よく、その後で和やかに遊べたものだと…確かに(ー'`ー;) 
マルちゃんは真顔になったり苦笑いしたりで、可愛かったです(雑)。
ギャンブラーな坂上さんについては知らなかったんですが、
年末に1年分の稼ぎを使うってのは凄いっすねぇ(◎_◎;) 
ラスベガスを「ベガス」と言う坂上さんに対して、
名古屋を「ゴヤ」と呼ぶ純次さんが軽く流されてました(笑)。
今まで使った分で軽く家一軒は建つそうです。芸能人な感じですな( ̄ー ̄;)ゞ 

CMを挟んでお2人のお母様がご入場。あ、やっぱ左拍手だ♪(* ̄ー ̄)v 
加藤さんのお母様は開口一番
「上沼さんが観音様に見える」と…響きも近いですしね(←オイ)。
「皆さんに申し訳ない。こんな顔が」とご子息のルックス否定から(T▽T) 
お母様曰く、突然変異が起こったとのコト。弟さんはまともな顔だそうで、
いやぁ~、申し訳ないっすけど、お母様がご子息より面白いっす(*TーT)b 
マルちゃんも随所で大笑いしちゃってますし(ノ∇≦*) 
名前だけ並べてみると、「歩」と「忍」ってシンプルですよねぇ(今更)。
幼少の頃はハンサム坊やだった加藤さんに、おもらし坊やだった坂上さん。
加藤さん、子供の頃はポッチャリしていたそうで、
成長するにつれて丸顔が四角くなってきたようです。わかりやすいっ!d(-_☆) 
一方の坂上さん、笑顔が爽やかですが、5年生までオネショしてたとか。
「潔癖症だなんて偉そうに言ってるけど~」って母は無敵ですな( ̄m ̄〃) 
落胆する坂上さんを励ますように
「63でもおもらししてる」な純次さん。イイなぁ~(笑)。
「今日は先を輪ゴムで締めてきた」との話に、マルちゃんも苦笑い(;^_^A 
坂上さんも反撃に出て、自分が子役だった頃のギャラで
知らない間にヴィトンの品を買われていたとか…色々ありますなぁ(・・*)ゞ 
「普通は襖開けたらヴィトンやなくてフトンやけどな」と言う上沼さんには
パネラー席から真顔でクラップ ユア ライトハンズ ぱんぱんっ♪ 

続いてはご両名の結婚に関するお母様のご意見。
「芸もないのに昨年結婚」と「顔で選んで2年で離婚」容赦ないっすね(汗)。
加藤さんのお母様、お嫁さんについて「物好きな方もみえるんですよね」と(T▽T) 
合コンで出会い、4年の付き合いを経ての結婚だそうです(σo ̄) 
お母様的には「大学の頃の彼女と結婚してくれていれば」なんて…キツいなぁ~。
これには相方さんも「奥さんに失礼でしょ」と突っ込んでました(; ̄ー ̄A 
今の奥様について「ひょっこり」と称するお母様に
戸惑うマルちゃんの顔が何とも愛らしかったです♪(〃∇〃) 
更に「エラが張ってエラそうなコト言って」と続けるお母様、オモロいっ!(≧∇≦)b 
マルちゃん手を叩いて爆笑…って今度は左メイン。やっぱ読めんです( ̄  ̄;) 
加藤さんの奥様についての印象を松尾さんが語られてましたが、
私の意識は見切れ山さんに向いてたので、殆ど聴いてませんでした( ̄∇ ̄*)ゞ 
あ、チラッと右腕組みまで出ちゃいましたね( ̄m ̄* ) 
大学のときの彼女さんには「逃げられたじゃない」と背後から…(汗)。
坂上さんの前の奥様はCAさんでしたねぇ。えぇ、私もうっすら存じ上げてます。
2年で別れたとの話に「そのぐらいで別れられるのイイなぁ~」な純次さん(笑)。
実際には8ヶ月で別居に至ったらしく…う~ん、エイト(抑)。
その方がシンガポール在住で、結婚前に会うのも海外がメインだったとの話。
結婚生活が始まってからの洗濯物や料理を巡るエピソードに
客席からブーイングが浴びせられます。あら、丸山さんも真顔…素敵☆(〃д〃) 
食べたくないモノがあったらご自分で別に作られるってのは辛いかも(*T-T) 

次に「息子から母親へ言いたいこと」というテーマが示されます。
「息子を詐欺師扱い」な加藤さんと「息子を『潰すぞ』と脅迫」な坂上さん。
どちらも穏やかじゃない雰囲気ですね( ▽|||) 
加藤さんの場合、足を骨折した際に手術代や入院費等が払えず
電話してみたら、オレオレ詐欺と勘違いされたそうで(T▽T) 
顔を覆って笑ってるマルちゃんがまた可愛いぃ~♪(>▽<) 
東京弁に疑いを持って、説教した挙句にご子息だとわかったそうですが、
時既に遅しとばかりに電話を切ってしまったお母様、最強っす!( ̄▽ ̄)b 
坂上さんの話題…の前に(;^_^A 

一般の修羅場夫婦は、高校時代から13年の交際を経て結婚された茨城の方。
夢を追いかけるご主人は、アングラ劇団員で無収入なんだとか…。
ワイプのマルちゃん、髪伸びたなぁ( ̄  ̄;) ←見てるとこ違う 
奥様は一流企業にお勤めだそうで、双方の年収にも大きな開きが(◎_◎;) 
ご主人が奥様にぶら下がってるのを認められる様子に
マルちゃんもビックリしちゃってました。収入14倍とな...( = =) 

CMを挟んでご主人の日常が明かされます。
劇団での稽古が週末のみらしく、平日は焼酎片手にワイドショー三昧とか…。
テレビ見ながらPCに興じている私にも、若干耳の痛い話であります(_ _,)ゞ 
家や車なども全て奥様が購入されたようで、
更にご主人に頼まれ、お金を貸す場合もあるとのコト。
金額等をカレンダーに記してあると聴き
「あぁ~、もうそれは大事ですね」なワイプ山さん。
つーか、照明の関係なのか、少し色黒に見えるんですよね。
髪型も含めて、ちょっぴりワイルド山さん☆(*/∇\*) 
借金の額もかなりあるようで「自分の分は自分で」な奥様に対し
ご主人は「子供が3人いると思え」と言い聴かせておられるようです( ̄ー ̄;)ゞ 
劇団でのお芝居に関しても、下ネタばかりで周りを誘い辛いと…問題山積ですな。
実際の演技中、音声は伏せられテロップには「女性器」と表記されてます。
マルちゃん「ん?女性器?女性器で…」連呼するのは如何かと(T▽T) 
しかし「俳優ヒモ夫」ってネーミングも凄まじいっすね(汗)。

ご夫妻のスタジオ入りに際して拍手は確認できず。
やすよさんと話してました(ノω・、)  
ご主人の劇団を主宰されてるのが坂上さんだと判明し、一同ビックリ!Σ(- -ノ)ノ 
「えっ!知ってるんですか!?」マルちゃんも後列から質問してます。
ゲストに合わせたワケではなく、
偶然同じ回になったと…どうかな?( ̄ー ̄) ←疑心暗鬼 
お互い、稽古の打ち合わせに行けない理由が「名古屋」で驚いていたそうですが(怪)。
ご主人の収支について確認する流れで
「普通に働きゃイイじゃん」とバッサリな主宰者(笑)。
そんな主宰者へ奥様から「下品な芝居はやめて下さい」との要望( ̄∇ ̄;) 
主宰者の回答は…どんなでしたっけ? 
マルちゃん映ってなかったから忘れました(雑)。
公演は年に2回程度、それぞれ1週間ずつぐらいなんだそうです。
今度は奥様が主宰者に「夫の将来に責任持てるのか!?」と質問。
主宰者曰く「他の子に比べて彼は学習能力がない」
バッサバサ斬られ放題なご主人が少し気の毒かも(ToT) 
「役者になる」という夢にはブレがないそうです。信念を持ってらっしゃるんですな。
上沼さんがご自身の経験も交えながら、ご夫妻それぞれに説教されています。
しかし、上沼さんとこのウクレレご主人はよくネタになりますねぇ(;^_^A 
「愛にはいろんな形があります」上沼さんの熱弁に、マルちゃんレフトぱんぱんっ♪ 
主宰者も、上沼さんに促されつつ「働けよ!」と命じてました(笑)。
ところで「夫が悪い」「妻が悪い」札はどうなってたんでしょ?(; ̄ー ̄) 

ここから坂上さんの話に戻ります。お母様からの脅迫ネタでしたね。
14歳で個人事務所を設立され、その際にお母様が社長になられたそうで、
周りからも「親離れできない」「マザコン」などと言われたとのコト。
10代終わり頃には、坂上さんご自身も他所へ移るのを考えられたらしく、
お母様へ打診されたところ「全力で潰してやる」なんて返しが…( ̄_ ̄|||) 
もちろん、今もお母様の下にいらっしゃるようです(; ̄ー ̄A 

そんなお母様方、坂上さんに対しては「素晴らしい役者」
加藤さんについては「素晴らしい芸人」と思っておいでだとか? 
あ、マルちゃんが真顔で左拍手してますね。左手率高し☆(*^^*)v 
そう思いきや、上沼さんが「完全に後付け」と言ったときには
右メインで拍手してるから、やっぱり難しいっす( ̄ー ̄;)ゞ 

CMの後、加藤さんのお母様がザブングルのライブをご覧になる様子が流れます。
マルちゃんはずっと真顔、でも優しい眼差しで見つめていました。
あれだけ毒を吐いていたお母様が感極まって涙を流してらっしゃるのには
グッとくるモノがありますね(T-T) ←もらい泣き 
VTR明け、マルちゃんは真顔を崩さず左拍手です。あ、口角上がってる(*´∇`*) 
お母様「この子は通知表も1,2,3だったんですよ」
「あれだけよく憶えられたなと」照れも感じられて素敵です♪(〃⌒ー⌒〃)ゞ 
最後に純次さん「しゃべれるようになっただけでも」上手くオチました(T▽T) 

by marooon8 | 2010-03-14 16:08 | マルごと

<< 待って 待って 僕のさくら Re:丸の大切な日 弥生拾四日 >>