初告白?

どうも~! 
父が起き出したりして、アワアワしちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ 
とりあえず立ち上がってしまうのは何故でしょう?(笑) 

「関ジャニ通信」は山田の2週目です♪ 
「どうも丸山隆平です」「どうも安田章大です」
2人ともシンプルな挨拶が続いてますねぇ~。
「新曲が6月30日」とヒナちゃん。「んなっ!」とマルちゃん。
「皆まで言いませんけど、特典の方は楽しみに」はぁ~い!
「冒険JAPAN」については「見て下さい」と。見てます! 
tornの映画や「With」のお知らせがあり、サクッとした流れで
オープニングナンバー「新曲です。聴いて下さい!“Wonderful World!!”」
イントロの「うぃ~ん」を真似てる人がいました(笑)。

CM明け「丸山隆平」「安田章大です」
今回は「究極の選択」と聴き「やったぁー!」叫びつつ
メシ系が多いと聴き「好みの問題でしょ?やめよ!」言うたり。

1問目「一生、食べられなくなったら辛いのは?」
A:チャーハン B:卵かけご飯
「究極!」と叫ぶマルちゃんに「楽しんでるー!」とヤスくん笑ってます。
「中華ではチャーハンがメイン」「王将でも嬉しいやん」
「こってりラーメン食べながらミニチャーハンって楽しい」
「卵かけご飯も幼少期から」
殆どマルちゃんが喋ってます(; ̄ー ̄A 
「合宿所でも食べてたな」とヒナちゃん。「納豆卵かけご飯」へぇ~。
結果は、ヒナヤスがAでマルちゃんがB。
「チャーハン言いたいだけちゃうんか?」には早かったようで。
「種類豊富やん」「バリエーションが多いでしょ?」チャーハン2の言い分。
「卵かけはさほど変化がない」「卵とご飯、別に食うたらええし」
「意味ないやん!何それ」ご立腹? 
「チャーハンしようと思ったら大変やん」とか言ってましたっけ? 
卵かけご飯については「1年通じてそない食わへんよな」とも。
「確実に健康食ではあるよな」とマルちゃん。コレステロールは?(; ̄ー ̄) 
「わかるけど、米を楽しむんやったら…」ヒナちゃんが言うと
「米を楽しむなら卵かけでしょ!」両者、一歩も譲らず(笑)。
「炒めた」とか「炒まった」とか日本語って難しいなぁと思いつつ(;^_^A 
「出来立ての白米に卵をのっけたときの即興感」アドリブ大事☆ 
「チャーハンはリハーサルしすぎでしょ」と言えば
今度は「王将のスピードなめんなよ!」怒鳴られます(T▽T) 
「チャーハンすぱぱぱーん!」なんて声も聴こえ
「言いたいだけやん」「ようわかったな」このやりとりは何?(汗) 
「響きが好きやな」「言い方変えていかなあかん」「張りが違う」
以後しばらく、チャーハンと卵かけご飯の発声比較。
「トゥース!」について流されるのを諌めるヤスくんがいたり。
「もう1個あるで」とマルちゃん。
「チャ~ハン」たむけんさん風に発し「俺、敗者じゃないよ」と。

2問目「どっちの世界がいい?」
A:年上しかいない世界 B:年下しかいない世界
「うわぁ~!」と言いつつ興奮して立ち上がったらしいマルちゃん。
ヤスくんに「めっちゃうるさい」笑われてます( ̄ー ̄;)ゞ 
「ってコトは、誕生日が1日違いでも…」考えながら喋るマルちゃんに
「今日、結構めんどくさいな」ヒナちゃんも呆れながら笑ってたり。
「どうしよー?」に対し「あ、決まった俺」対照的です。
結果、ヒナマルがBでヤスくんがAになりました。
Bについて「ラクは出来るし、若気の至りで通せるけど呼び出しがキツい」とヒナちゃん。
「組織的な意見やな」「組織のヒューマンドラマが好き」らしいっすね。
「単純に年下で自分を調律されたらすげーな」調律?(・-・) 
でも、年下だらけだと人としての成長はないとか
年上ばかりの世界の方が学べるとも言ってたような…ブレてる?(汗) 

3問目は「どっちの能力がほしい?」
A:数キロ先まで見える視力 B:壁も透けて見える視力
「究極ですね!考えたらそうですよ!そうなんですよ!」
力説するマルちゃんに「次、1回休みな」次はあるんでしょうか? 
「こういうゲームはテンション上がるだろ!」投稿相談物語との差を説く丸山さん。
「闘魂物語ではない」と指摘されてましたね( ̄∇ ̄;) 
そして、答えはAがヒナマル、Bがヤスくん。今回このパターン多いっすね。
「気が散るから」というのがヒナちゃんの理由です。
「ずーっと見えてんのは嫌やな」ヤスくんも納得の様子で…。
「そういう設定?」とマルちゃんは首を傾げてます。見えませんけど(当然)。
楽屋で皆が笑ってくれて席を外した隙に嫌がられてるのが見えたら嫌だとか(汗)。
ヒナちゃんから「被害妄想的な」言われちゃってました(・・*)ゞ 
そんな村上さんは「最初はエロの方が出たよ」堂々としたモンです。
「銭湯行って、対面が女湯。1人でギャンギャンなってたら誤解される」
あのー、ジャニーズの方ですよね?(確認) 
「プレゼントとか貰ったときも中身見えてんねん」
マルちゃんも色々と気付き始めましたね。「リアクション勝負」とか。
「見たもん喋ってまう」「悪気がないやん」「元々持ってる能力やから」
如何にもヒナちゃんらしい考え方だなぁと。
「隣の部屋で事件あったりしたら、そのたびに首突っ込まなアカン」
見た後で取り調べされて、説明がめんどくさいとか言ってましたね。
「壁の向こうが見えるんです」は通用しないだろうなぁと。
ま、その場合は警察でも検証に付き合ってくれるんじゃないでしょうか?(冷) 
じっくり考えてた様子のヤスくん「2ヶ月後ぐらいにこの問題やってくれへん?」
「できるか!」返され「あぁー、面白かった…顔」顔?(; ̄ー ̄) 
2曲目は“ローリング・コースター PUZZLE REMIX”が流れてました♪ 

名言&作品紹介、名言については「難しいっす」「全っ然わからへん」と。
コミックの説明がシュールで面白いっすね。
セリフ担当の丸山さん「イメージ光浦さんで喋ってみた」そうです。
「平凡な感じの絵ですねぇ」なんて漫画の感想も述べてました。
一人暮らしについて「二十歳」とヤスくん。「そんな早かった?」マルちゃん驚いてます。
「私は24ですね」ちゃんと聴いたの初めてだなぁ~♪(*゜‐゜) 
「信ちゃんが一番長い」とヤスくん。「おれ19!もうじき10年」言うてます。
「一人暮らし職人の誕生やな」「結構おるやん」的確なツッコミ( ̄∇ ̄;) 
始めたばかりの頃について、寂しかったかどうか考えてます。
ヤスくんは「寂しかった」と言ってましたね。
一方で「楽しいのが勝ってた」ヒナちゃん。
「寂しい言うてる間に頑張らなアカン」その考え方は不変ですか。
「19やったら特にそうやな」と。Jr.時代ですもんねぇ。
「マルの方が」と振るヤスくん、先輩の風格っすね☆ 
「初めての夜は、なんとなく憶えてるんですけど」語り始めます。
実家では聴き慣れた音がしてたけど、
違う土地で音も違うし、京都から出て疎外感が増したと…。
「実家だったら誰かの音がするけど、何もなくて耳がめっちゃ敏感になった」と。
「1人を感じて寂しくなった」らしく近所のバーへ寝酒を引っ掛けに(*T-T) 
「究極の寂しがり屋やな」言われてます。
ここで突然、ヒナちゃんが大声を出してビックリ!(◎_◎;) 
洗濯物を干し忘れてたようです。色々言われつつ「もうええわ」早っ! 
マルちゃんも思い出した「典型的なあかんパターン」
「給湯のやつポコンとしたままや」ツッコミ2人に突っ込まれます(笑)。
要するに、電源を切り忘れてたんですね(;^_^A 
「お母さんはよく言う『消しなさい』って」ヤスくんが呟いてましたっけ。
奇しくもeco特番を担当する3名...( = =) 

エンディングは、至ってスムーズに終わってました。
マルちゃんの一人暮らしといえば、
ヨコさんから免許と並行して促されたんでしたっけ?(* ̄σー ̄) 

by marooon8 | 2010-06-14 01:45 | エイトごと

<< Care for me 6月13日∞拍手御礼 >>