SisTers

DOUBLEのSACHIKOさんの命日、
丸12年なので、十三回忌になりますね。

三姉妹の次女、享年25歳、
突然の訃報に驚かされたものです。
尤も、私が彼女達に惹かれ始めたのは、
同じくらいの年齢になってからでしたけど(*^^*ゞ 

近年、eighterさんとお会いする目的で
新潟市内を訪れる機会も増えてきました。

市の中心部、萬代橋付近をウロつきながら、
「この辺りで育ったんだなぁ」と感慨に耽ったり…。

妹のTAKAKOさんが「月刊DOUBLE」で
幼少期の三姉妹、デビューに至るまでの経緯、
12年前の今日、その後の生活や心境の変化など、
率直に伝えてくれたのを、数々の画像と共に思い返してます。

公式ブログによると、今日はご実家で過ごしてるそうです。
家族水入らずで、想い出を語り合ってるんでしょうか?(*´σー`) 

久々に「さっちゃん」という表記を見て、
懐かしさを覚えているところでもあります。
姉は妹を「たかちゃん」と呼んでいたようです♪ 

2人の話し方は、歌声とも違って愛らしく、
インタビューへの対応にもホッコリさせられました。

声質そのものは姉妹でも随分違っていて、
重なったときの心地好さは紛れもなく姉妹で…。

2人だった頃は、SACHIKOさんが作詞の分野、
TAKAKOさんが作曲やアレンジに携わっていたそうです。

DOUBLEがRestartした後に出た1stアルバム、
ブックレット、最後のページに英文が認められてます。

TAKAKOさんからSACHIKOさんに宛てたメッセージ。
「夢の中で、作詞のヒントをくれてありがとう」というものでした。

和歌などの情緒的な表現を好んだというSACHIKOさん、
その想いは確実にTAKAKOさんへ継がれているんだなぁと(*゜‐゜) 
とりわけ“home”にはSACHIKOさんへの想いが籠もっているようで…。

尚、今朝の記事にコメントを寄せたところ、
反映されたのは9番目…惜しいっ!o(TヘTo) ←そこ? 

by marooon8 | 2011-05-21 21:50 | ホカごと

<< 5月21日∞拍手御礼 生音・生歌・生詞 >>