GOGOMONZ 6/2

はい、間に合わせちゃいました♪(〃∇〃) 
「Can!ジャニ」の当時を思い出しますねぇ(*´σー`) 
途中、PCの電源を入れるために帰宅したり…必死か( ̄∇ ̄;) 

こちらは男女お2人で受け持っていらっしゃるようです。
普段、関わる機会のない番組を聴けるのも醍醐味なのかなぁと(*^^*ゞ 

「NTT GOGOMONZ Cafe」なるコーナーで、渋谷さん呼び込まれます。
「お願いしまーす!こんにちは!」ビックリするテンションですね(;^_^A 
ワンデイスペシャルに触れられ「渋谷デー」とか言われ
「そうなんですよ」緩い感じで答えていました。
空き時間について「間ですか?」「他、なんかやってました」
夕方の番組に関して「それにもお邪魔します」言うてます。
「大宮には1回来たコトあるんですよ、公開のとこ」
「僕、アルシェ行ったんですよ、駅のところ」
「出たコトありますよ」「それ以来ですね」
憶えてるモンですねぇ。
「スバラジ」について案内される中で、
こちらの番組より半年ほど先輩だとも言われました。
「すばる兄さん」呼びには「やりづらい!それ」
「何でもイイですよ」
照れちゃってるしぃー♪(*/∇\*) 
「スバラジ」の最も楽しい部分について訊かれ
「やっぱりぃー、リスナーとのキャッチボールが楽しいですね」
「ほぼ、リスナーに丸投げの番組なんで」
こちらの番組も近いノリらしく、
「被ってるんで止めてもらってイイですか?」「パクリ疑惑ですね」
「先輩だから遠慮する」「減らしていく」提案され「一緒やろ」笑ってます。
番組でのリアクションについては
「意外な答えとかもそうやし、面白いんですよね」
「僕では思いつかんような答えがあったり」「皆、遠慮がないんです」
「容赦ないし、何でもアリ」「その自由な感じが好きなんですよ」

その空気ごと堪能してるのが、毎週伝わってます☆(⌒-⌒)b 

こちらの番組には「それほどでもない相談事」というコーナーがあり、
すばるんの、それほどでもない悩みについて問われていました。
「これ難しいっすよね」
「それほどでもないコトは、どうでもイイっすからね」

んで、それほどでもない相談は「趣味がないんですよ」
「趣味って難しくないですか?」「趣味、何ですか?」
お2人に振り、
男性の方が野球やサッカー観戦、ゴルフと答えられると
「イイなぁ」「大人ですね」感心した様子。仲間にもいるじゃん♪( ̄m ̄* ) 
時間が無いせいじゃないかと言われ「いや、そんなコトないです」
休みの日の過ごし方についても「家では、ボーッとしちゃう派」言うてます。
誘いに応じて外出すればイイ的な話に「それが嫌なんですよね」
メンバーで頻繁に遊ぶ人がいるかを問われ「いますいます」彼ですね( ̄ー ̄) 
逆に、遊ばないメンバーに「俺をどっかに誘え」と促すよう提案されると
「それダメだー!それはダメだー!」尋常じゃない拒絶っぷりです(爆)。
「いや、違いますよ!」「そこは凄いデリケートな問題」
「突いちゃダメだ!」
彼か、若しくは彼か…思い浮かぶのは2人☆(ΦωΦ) 
更なる提言に「先輩ダメですよ!」「僕、先輩とか苦手なんで」
「後輩の方が、まだ付き合いはありますね」「後輩を誘うコトはあるんですよ」

あぁー、こちらは10代の彼でしょうか?( * ̄▽ ̄)σ 
後輩にもてなすよう頼む案が出ると「それはアリかもしれない」
「でもね、それをやったときにね」「ちょっとでも、おもんなかったら」
「僕、ものすご機嫌 悪なるんですよ」「最終的に仕切ってると思うんですよ」

男性パーソナリティーさんに「めんどくさい」言われてしまいました(T▽T) 
このタイミングで「曲いきましょうか」言われ“365日家族”が流れます♪ 

引き続き趣味について語る3人。
「1人の時間がないとダメな人なんで」「寂しがり屋の1人好き」
「ただのワガママ」
自虐も交えつつ…的確っす!(*TーT)b 
ラジオが性に合ってるんじゃないかと言われれば
「大好きです、ラジオ」ほぼ即答って感じでしたねぇ♪ 
リスナーであるより出演者となるパターンが多いという話に
「15歳からなんで」「やってましたねぇ」
「やる側のしかないから」
それはそれで、稀有なのかも(*゜‐゜) 
ここで、一流音楽番組「スバラジ」のレギュラーコーナーに関して
「大展開を」ホントに気合い入っちゃってます(ノ∇≦*) 
「番組のキャラクターを作ろうというコトで」
「半年間ぐらいリスナーに募集してたんですよ」
「そん中で送ってもらった中から」「つい最近決まったんですよ」
「キャラクター決まって、プロフィールを考えていこうと」
「何個かは決まってるんですけど」
と、お2人と確認していきます。
中には「この辺は仮で」的な項目もチラホラ(; ̄ー ̄A 
「せっかくなんで、考えて頂けたら嬉しいなぁって」
「今ねぇ『血液型が何型か』って」
そこ、いきますかぁ(・・*)ゞ 
リスナーさんから寄せられたモノが紹介され、
「『クワガタです』っていうのと『なでがたです』って」
「ボケてくる」「リスナー的にも怖いとこですよ」
「大怪我の可能性大ですよ」「そこを勇気出して」
「この2つは仮で入れてるんですけど」「なんかイイのがあれば」

男性パーソナリティさんが「不明(注射が怖いから)」と答えられますが
「あえて型しばりで」「今まではリスナーに振ってたんですけど」
「『プロ的な逃げ』というか、上手すぎる」
「玄人すぎて逆に引くわ」「そこは踏み込んで」
「『クワガタ』と『なでがた』も、勇気を評してるんですから」

次に「四十肩、決して肩を上げない」声が暗くなる男性に笑う師匠。
「その感じがイイんですよ」「もうちょっといきましょうか」
「顔真っ赤じゃないっすか!」「そういうコトなんですよ」
「台本?そんなん、どうでもイイんですよ」
辱めるコトに専念チュウ(-ω☆) 
女性に振ってみると「新型」との答えが出ます。
「出た!思いっきり旧型の新型」「何、笑ろてるんですか?」
「どうしたんですか?」
こちらも赤面されてるみたいです(*´ェ`*) 
「『新型』と『四十肩』って」「この番組、大丈夫ですか?」
お2人とも「ドSっぷりを発揮されてる」「ムチャブリ&羞恥プレー」仰って
すばるんは「面白いな、これ」ご満悦ですなぁ♪(* ̄σー ̄) 
「すば裸人が、いつもやってる一発ギャグ」について
「何やと思います?」「横田さん(女性)が一番わかってると思う」
「教えて下さい!これ大事ですよ」
まだまだ許してくれない様子((o(б_б;)o)) 
苦し紛れに「ばらすじーん」仰って、男性がフォローされます。
嘗て、業界用語風に「素晴らしい」を「バラスーシー」と言ってたとか…。
「全然、素晴らしくないじゃないですか!」
「なんすか?『新型』と『ばらすじん』」「なんだそれ!」

NがS化すると、こうなっちゃうんだなぁと(笑)。
「すば裸人が唯一キレるポイント」についても、まだまだ振ります。
「すば裸人、温厚な感じしますけど」「なんでキレるんですか?横田さん」
「僕は持ってきてる側ですから」「同じ、番組を頑張ってる仲間として」
「何でキレるんでしょ?」
男性の解答は「『寒くない?』って言われたとき」
「それはねー、被ってるしねー」「ちゃうやん、ちゃうやん」キビシーッ!(古) 
横田さんが「『コブクロ歌って』って言われたとき」答えると
「『コブクロ歌って』って言われたら?」「それ、ちょっと弄りにくいな」
「弄りにくいよぉー、考えてくれな」
愚図っちゃってます。
ここで「じゃあ締めましょう」と救いの手がお2人に差し伸べられたようで、
「幾つか頂いたんで、持ち帰って」「また、ぜひぜひ考えて下さい」言うて
「ありがとうございました!」元気に締め括っていました♪ヾ(〃^∇^)ノ 

しかし…どういう印象を持たれたんでしょうねぇ?(笑) 

by marooon8 | 2011-06-02 17:22 | エイトごと

<< レンジャー感想 6/2 Fresh Up 9 6/2 >>