ありえへん∞世界 8/2

レコのキーワード「関ジャニ」で
この番組は引っ掛からないようです(汗)。
「∞」だけだと、ややこしくなりそうだし…。
まぁ、毎週火曜日に張ってますけど(* ̄  ̄)b ←解決 

気付けば3週間ぐらい空きました(*゜‐゜) 
3人のヴィジュアルも一新したように思えます♪( ̄m ̄* ) 

ゲストの方のリアクションが大きめで、
軽く圧倒されるような印象まで覚えたり(;^_^A 



【ありえへん集落 謎のベールを徹底解明SP】
第4位「日本最北限の島!ウニだらけの集落」
稚内からフェリーで2時間の礼文島にあるそうです。
島で年中見られるというアザラシの声を聴き
「『あぁー!』言うてたな」アッ子さんですか?(; ̄ー ̄) 
船に向かって熱心に旗を振る男性、見つめるヤスくんの目が乾きそうです(◎_◎;) 

「北海の宝石!激ウマなウニ」
漁をなさっている男性が「全然ダミだ」と仰ってますが、
大量のウニが揚がっているのも確認できるワケで(*゜‐゜) 
エゾバフンウニの中身を見たマルちゃん、クリスさんのような動きで
「色濃いんですよね バフンウニさんは!」どういうスタンスでしょ?(*^^*ゞ 
ウニ漁50年のご夫妻が、ウニの身を取り出され、
ビニールに詰めて、スタッフさんに渡してらっしゃいます。
「持ってって食べなさい」というお言葉…ありがてぇ(T-T) 
ワイプから「すみません!もう」頭を下げるヒナちゃん。
「ええ ご夫婦やわ!」しみじみ発していました(*´∇`*) 
他の漁師さんも、積極的に試食を勧められます。わんこウニ状態(ノ∇≦*) 
利尻昆布を食べるというのは「美味しんぼ」で読んだコトがあります( ̄m ̄* ) 

「1杯○万円!ありえへん丼うに」
お店の名前を呟くヤスくん、読み間違えたようです(;^_^A 
ワリと高値のうに丼について「良いモノはするんすよね」的に…声ちっちゃ!Σ(- -ノ)ノ 
噂の「丼うに」は3万円もするそうで、試しに注文してみると、
1kgのウニにご飯が載ってる形…だから「丼」が先なんですね!ヽ(*'0'*)ツ 
スプーンで掬われるウニに「うわー!うわー!」頬に手を当てて叫ぶマルちゃん。
何やらオネエ系の動作が目立ってます( ̄∇ ̄;) 
一般に販売されているウニも1kg2900円ぐらいはするらしく、
意外と良心的な価格設定に「まぁねぇ」納得の表情でした(* ̄- ̄) 

「激ウマすぎる 隠れ漁師めし!」
漁師さんが腹ごしらえするおにぎりにも
ウニが入っているとのコトで「えっ!?」かなり大きな叫び声を上げ、
スタッフさんに差し出されれば
「うわ、うわ、うわ…あぁーっ!」落ち着いて下さい!ヾ(ーー ) 
色が悪くて出荷できないウニを召し上がっているそうで、
その頻度に「毎日!?」とヒナちゃんも驚いた様子でした。
改めてスタッフさんに食事を用意される漁師さんご夫婦。
お椀に載ったウニを見て「キレイですけどね 十分」感心した傍から
生卵が割り入れられ、マルちゃんが再びソワソワし始めました(T▽T) 

「ちょい足し!絶品ウニグルメ」
茹でたウニにタマネギや調味料を加え、
卵とじするらしく「なーにぃ!」キレてますかー?( 」´0`)」 
郁恵さんのアップでも「どんな味すんねやろ?」呟く声は聴こえてます(*TーT)b 
出来上がった「ウニの親子丼」に「これはアカン!これはアカンでぇー!」何がや?( - ゛-) 
毎日召し上がっているというご主人、シンプルに感想を伝えられていました(*´σー`) 
若い漁師さんは、カップ麺(どん兵衛)に惜しげもなく載せています。
「もったいなくない?どうなん?」そこ振られても( ̄ー ̄;)ゞ 
ウニを入れた後でお湯が注がれ「どうなん!?」手ぇスリスリ山さん(T▽T) 
漁師さん曰く、5分ぐらいで半生になって美味しいんだそうです。
「すごい発想やな これ!」ヒナちゃんも笑っちゃってました(〃⌒∇⌒)ゞ 

「漁師がハマる!スナックのウニ料理」
普通のスナックってイメージのお店ですねぇ。
「ママっぽいなぁ」ママですから(*▼▼)ゞ 
ナンバーワンや、若手有望株のホステスさんより、
ウニとホタテの貝殻焼きに「ヤバーい!」と反応するマルちゃん。
ちょっと安心、かなり違和感です(←どないやねん)。
ウニのスープまで出され「これウマそうやな」あ、漸く声が聴けました!(ノ´▽`)ノ 
「これ居酒屋 真似した方がええで」パクリを促すべからず(ー'`ー;) 
ホステスさん達も、明るい時間はウニの殻を剥いてらっしゃるそうです(*^.^*) 

「ありえへんウニ宿!」
港で旗を振っていた男性、ユースホステルの方だったんですねぇ。
送迎車まで走る後ろ姿に「イキイキしてんなぁ」
感心の仕方がオッサンみたいです(←失礼)。
案内されたのは1台のトラック。先客もいらっしゃいました。
「まるで自衛隊や」言われますが「あ、でも俺こんなん好きやなぁ」
さすが、金曜日はカレーの男!d(-_☆) ←無関係 
「発車!」「行け行けー!」などと叫び続ける男性に
同乗された女性は怪訝そうな表情です。
ワイプのマルちゃんがウケてるからOK!(⌒-⌒)b 
10分後、到着した宿に「ただいま!」と足を踏み入れれば、
「おかえりなさーい!」どえらい騒ぎになっちゃってます(ノ||| ̄▽)ノ 
ヒナちゃんは爆笑し、ヤスくんは「すげー!」と感心☆ 
「面白い!行きたい!」貴方が言うなら(*/∇\*) ←アホ 
1967年創業、素泊まりで3000円台という料金設定、
ボランティアの方も、従業員として無給で働いていらっしゃるそうです。
宿泊客との交流を図る「ミーティング」もあるとのコトですが、
「全然のってないやん!おっちゃん!」「大丈夫?」個人差もあるかと(; ̄ー ̄A 
ワイプでマルちゃんが真似して踊ってるのを眺めてたら、
先程の男性、ノリノリで動いてらっしゃいました!(*'▽'*) 
声や動きに「エイトマーク」的なフレーズまであったような(-ω☆) 
朝早くから、お客さんも一緒になって掃除をする慣わしだそうです。
港で何かが行われると聴き「儀式ちゃいますか?」予想するヒナちゃん。
宿泊客を見送るために歌って踊って…つまりは儀式ですね( ̄∇ ̄*)ゞ 
マルちゃんが「40年前?」と呟いてましたけど(・-・) 
歌って踊る皆さんに「バテとるやないか」しゃーないやろ!(9 ̄^ ̄)9 ←肩を持ってみる 
見送りの動きには「カッコええで!型がええで!」わかればよろしい!( ̄- ̄)ゞ←何様? 
人見知りを克服する目的で働き始めたと仰る若い男性の言葉に
「イイですねぇ♪」優しい笑みを浮かべるヤスくん。美輪さんがお嫁にっ!?Σ(- -ノ)ノ 

スタジオでは、美輪さんが
若者達を絶賛してらっしゃいました♪(*´σー`) 
見送りの儀式を真似るヒナちゃん、腕長くて素敵ぃ☆(〃∇〃) 

第3位「犬が飼えない?謎の集落」
富山の野新という地域、長閑な雰囲気ですけどねぇ(・・*)ゞ 
聞き込みをすれば「怖い」「飼う気はさらさらない」なんて答えが( - ゛-) 
「犬が嫌い」と仰る商店の奥さん、近くには犬的なぬいぐるみ?(; ̄ー ̄) 
「何それ?」「置いてるやん!」ツッコミおおきに!(・◇・)ゞ 
村全体で犬が避けられている状況に
「どういうこと?」「何で?何で?」不思議そうな面持ちのヤスくん。
犬好きの方が転居されてきた場合は、
代わりに、ウサギをペットとして飼われるケースもあるとか( ̄  ̄;) 
地区長さんに話を伺えば、地域の開拓者が猿を伴っていたらしく、
「犬猿の仲」を恐れ、この界隈では飼えなくなったとの話でした(ノω・、) 

第2位「琵琶湖に浮かぶ日本唯一の有人島」
舞台は琵琶湖です(←誰でもわかります)。
「え!琵琶湖に!?」「ウソや~!」わかってなかったぁ!(ノ||| ̄▽)ノ 
近江八幡を訪れる過程で「ワクワクしてきた」満面の笑み山さんっ!ヽ(*^^*)ノ 
「沖島」という名前に「えー、聞いたことないぞ!そんなん…なぁ?」同意を求める関西組。
港から1日11往復の定期船が出ており、運賃も500円だそうです。
「知らん!」「えぇー、何かショックやな」ワクワク何処いったぁー!?(* ̄o ̄)ゝ 
沖島では、400人ほどの方が生活してらっしゃるようです。

「激ウマ グルメ 謎のすき焼き」
島の漁業組合を訪れると、昼食の準備が整ってます。
鍋の中身は「ウナギ?」「『じゅんじゅん』って言うん?」さぁ?(;^_^A 
こちらの島では「すき焼き=ウナギ」が定番だそうですねぇ♪(*^.^*) 

「絶品すぎる 天然魚の寿司」
正体はフナ寿司でした。嗚呼、フナちゃん...( = =) 
匂いについては「美味しんぼ」で読んだコトがあります(←2回目)。

「一家に一台!?マル秘な乗り物」
学校の部活へ行く目的だったり、買い物へ行くためだったり、
漁船が多用される地域でもあるみたいです。マイカー感覚かぁ(*゜‐゜) 
自家用の桟橋があるご家庭も少なくないとのコトで、
漁船を所有してない方が、主に定期船を利用されているようです(*^^*ゞ 
「大変やろうなぁ」ヒナちゃんが案じる通り、
船の時間が決まっているため、遊びなどでは不便な面もあるらしく(・・*)ゞ 
三輪自転車も活用されており、何故かサドル部分に大きな缶が…。
雨で濡れる不快感を軽減させる目的で、カバー代わりに使ってらっしゃるようです。
ヒナちゃんが肩を揺らして笑ってると思えば「鍋や!」突っ込んだぁ!Σ(=∇=ノノ 

VTR終わり、「面白いなぁー♪」フワッと笑いながら拍手するヤスくん♪(〃∇〃) 
「サドル、別の方法ありそうやけどなぁ」教えてきたらよろしいんちゃいます?( ̄ー ̄) 
「琵琶湖に行ったコトあるし」「バーベキューもしてた」「けど」
関西人3名は、揃って知りませんでした。ヒナちゃんがスタッフさん褒めてる!(ノ゜ο゜)ノ 
「でも、美輪さんってすごい集落ご存知ですよね?」唐突にヤスくんが訊けば
「いいえ?」バッサリやられちゃってました。ドンマイ!(*TーT)b 

第1位「4階建てだらけ!?謎の集落」
舞台は新潟県筒石、私は存じませんねぇ( - ゛-) 
閑散とした山奥に突如として現れた木造住宅の群れ。
建物の間に隙間が殆どないような構造になっています。
BGMが「風の谷のナウシカ」で、不気味さを煽ってるような( ̄_ ̄|||) 
一見、3階建てのようにも見えます。どういう状態でしょ? 
隣の家の会話まで筒抜けになるほど、密着した造りで、
話の内容が聴こえてくるのも日常茶飯事だと、住民の方は仰います(; ̄ー ̄A 
聴けば、山と海に囲まれた立地で、極端に狭い集落なんだそうです。
漁業などが盛んで、人口が増えてきたコトから、
横に広げるのではなく、高い建物にして住むようになったと…なるほど!d(-_☆) 
「豊かな所に人が集まったんや」声音も表情も男前☆・:*:・ ( ̄* ) 
4階建ての実態について「気になる!」とマルちゃんが瞳を輝かせてます♪(〃∇〃) 
1軒のお宅で話を伺えば、地下にも居住空間が設けられているそうで、
トータルすると4階になるとの話でした。納得!(⌒-⌒)b 
スペースを有効活用するため、玄関の外を洗い場として使われるなど、
様々な工夫が為されており、まさに「面白い♪」って感じでした♪(*´σー`) 
地下へのルートを伝えられ「カッチョいい!」興奮する貴方がカッチョイイ☆(〃д〃) 
「これ男の子、ワクワクするやろうなぁ」琵琶湖のショックも癒えたようです(拘)。
地形の関係で2階建てに見えたり3階建てに見えたりするようで
「あ~、そういうことか」ヒナちゃんも合点がいったでしょうか?(*^o^*) 

「ミワちゃまのパワーチョイス」
やはり、マルちゃんが見切れがちです( ̄∇ ̄;) 
役者志望の妻子アリな30歳男性からの相談で、
家族を楽にするため「役者を目指す or定職につく」との2択。
左腕組みをしそうな形で、左手をアゴに運び、
「パワーチョイス」のナレーションに合わせ、手を動かしていました(←観察録)。
美輪さんは、お子様のためにも定職に就くべきだと診断されます。
「定職に就いて下さい」ヒナちゃんにも言われました(T▽T) 

次回も、何やらおぞましいコトになってるような( ▽|||) 

by marooon8 | 2011-08-03 19:06 | エイトごと

<< 蜂との遭遇 Re:丸の大切な日 Aug.3 >>