委託系レビュー?

リニューアルから2巡目、
誰が訪れるのか読めませんでした。
ま、ヨコマル以外だろうなぁと( ̄∇ ̄*)ゞ 
こうやって楽しめるのもイイところですね♪ 

今回の「関ジャニ通信」は「どうも、渋谷すばるでーす」
「よろしくお願いしまーす」
テンション高めでしょうか? 
「間もなくアルバム出ますねぇ」「そうですよ」
「言うてたらカウントダウン」「こっからがねぇ…」
「あっという間に今年も終わりますね」まだまだぁ!(9 ̄^ ̄)9 
ツアーを控え「楽しみやね」「10日後ですから、言うても」
「今回、フリがなかなか強いですよ」「入りました?」
訊けば
「大体は大丈夫ですね」「固まってはない」どないやねん!ヾ(ーー ) 
「誰一人、固まってない」「今回は何かしら苦戦してます」
「ま、でも10日あるんで大丈夫でしょう」
信じてますとも☆(⌒-⌒)b 
「ワイルド7」や「クレヨンしんちゃん」DVDの告知に、
すばるんは「ふーん」的なリアクションでした(笑)。
「別フレ」「With」についてサクッと案内され、
「オープニングナンバーは“モンじゃい・ビート”」
なんとなく読めてしまうのは何故でしょう?(〃⌒∇⌒)ゞ  

2度目の挨拶で「こんばんは!渋谷すばるです」「久々ですね」言うと
「久々ですね、すばるくんも」「お便り、色々来てますんで」
呼び方にクスッときてしまったり♪( ̄m ̄* ) 

ラジオネームに「大丈夫?」不安を覚えつつ、
「今までのアルバムと比べてどう?」的に質問されます。
「比べるってのは難しいところですよね」ヒナちゃんが振れば、
唸りながら「こういう雑誌のインタビューみたいなコトすなって!」
「言うてしまいましたけど」「答えてやりますよ」お、上から?(ΦωΦ) 
「全部、一押しですよ」「比べるコトじゃない」
「去年の“8UPPERS”も、あの時点で最高でしたから」
「今回も“FIGHT”これ、最高ですから」
「引っ提げてのツアーですし」
「ホンマ聴き込んでほしいですけど」「間が、あんまりないですから」
「頑張って聴いてほしいね」「聴いといてもらった方が何倍も楽しめる」
「楽しみにして頂きたい」「自信作ですから」誇りと説得力を感じました☆(*▼▼)ゞ 

次のリスナーさん、ラジオネームから説教されます( ▽|||) 
「しょーもないコトを言うな!」
「何をしてんねん!26歳で」
年齢はイイんじゃないかと(; ̄ー ̄A 
ソロ曲について質問され「これは嬉しいね」言いつつ、
「これは聴いて下さい」ですよねぇ(*TーT)b 
「説明するのとか難しい」「『どういう曲?』って言われても」
「聴いてくれた人が、それぞれの受け取り方で」
「好きなように感じてもらえたら、それが一番ですから」

聴き手としても、先入観ナシで楽しみたいですからね(*^^*ゞ 
「難しいんですよ!2~3曲ずつ『どう言うて下さい』とか」
「音源インタビューみたいなの、やらん方がええって!」
「テイチク!…全然聴いてへん」「くわちゃーん」
「今、完全にエロい話してたから」
どんな表情だったんでしょ?(汗) 
「まぁ、雑誌として、言葉載せないといけないから」
「ライターさんなり、編集者の人が、聴いて載せてくれれば」

すばるんが熱く語れば「めっちゃ聴いてます」くわちゃんレポート( ̄m ̄〃) 
「最低です!あの人」「メチャクチャですよ」再燃しちゃいました(T▽T) 
「よう出てるんでしょ?他局で」「公開録音で歓声上がったらしいね」
あのー、そこら辺は流れてませんけどぉー!(* ̄o ̄)ゝ 
「1週間ぐらい前から『スペシャルゲストが』みたいに言うてて」
「収録が11月3日、亮の誕生日やったんですよ」
「『お待ちかねのゲスト』言うて『誰やろ?』みたいなって」
「桑名正博の『セクシャールバーイオレット♪』かけて」
「だいぶ引っ張ってから『くわちゃん』って」
流れが掴めました(爆)。
「引くぐらい緊張してましたけど」無理もないでしょうけど( ̄∇ ̄;) 
「レコード会社の宣伝部として、アルバムのときはノベルティとかもあるし」
「仕事としては出てくれたけど、重要なミスして」
あらまっ!Σ(゜m゜=) 
「初回特典で『HOT FIGHT BOOK』っていうのが入ってるって」
「『くわちゃん、ありがとう』ってなって、しばらくして『間違えた』って」
「初回Aは合ってるけど、Bは『COOL FIGHT BOOK』で」

「真逆やん!」「『緊張してテンション上がってゴメンね』って」
「そんな、くわちゃんです」
「面白いなぁ」妙に安心できます(*´σー`) 

続いてユニフォームの背番号の意味を問われると
「あれは、皆それぞれ自分でデザインした衣装で」
「『ユニフォームが出来るまで』って映像がくっついてきますから」

「どういう経緯で出来たのか、それぞれの感覚とか」
「誰かのアイディアありきとか」
「是非とも、映像で見て頂きたい」
「言うたら、ネタバレになるからね」
上手い進め方ですね(-ω☆) 

12歳のリスナーさんから「ツアーへの楽しい意気込み」を求められ
「凄い縛りですね」「なるほどー」口調が柔かいです(〃∇〃) 
「えっとねー、そうだなー」「30歳になって初めてのツアーだから」
「体力的にも、今までとは違う」「吐かないようにだけ頑張ります!」
「凄い、いっぱい踊ったりして」「息も上がってくるんだよ」
「急に止まったときとか」「ウッてなるけどグッと堪えて」
「頑張るから応援してよ!」
OK!任せといて☆(≧∇≦)b ←誰? 
「体調だけは気をつけてもらわないと」「コンディションはねぇ」
「リハも、ちょいちょいヤバいとこ出てるから」
指摘され
「リハは練習ですから大丈夫ですよ」ムキになって反論( ̄m ̄* ) 
「『笑い疲れ』いうのがあるから」「曲と関係ないコトは言ってない」
「俺の、その曲の愛し方」「心身ともに入り込んでるから」

「狙い撃ちでボソボソボソボソ言うんですよ」
「これは、もう、後日談でお話させて下さい」
「パフォーマンス見て頂いてから」
理解できるか否か( - ゛-) 
「あのときのリハ、全員引っくり返ったでしょ?」
「さぁここでアルバムから聴いて頂きましょう」
「関ジャニ∞で“FIGHT for the EIGHT”」


名言&作品紹介、発言者に「ポウ!」降臨しました!(ノ´▽`)ノ 
「ありがとうございます」「自分が変わらなアカン」「凄いねぇ」
コミックの内容が説明されると「そういうお話なんだ」
「へぇー!これ1巻ですか?」
「ふーん」リアクショんの差が(・・*)ゞ 
「歴史とかは、興味ありますか?」「うーん、わからないですよね」
「さっきの武将の名前とか…」「聴いたコトありますよ」
「信長は織田、秀吉は豊臣、家康の苗字は?」唐突なクイズに
「おくだ」「惜しい!徳川家康」惜しいっすか?(; ̄ー ̄A 
「だから、3つや!織田と豊臣と…」「指4つになってるけど」
指折り数える中に「おくだ入ってきましたね」恐るべし(ー'`ー;) 
「その辺がメインどころですよね?ちょっと難しいですけど」

メールが紹介されるくだり
「悩んでんの?」気に掛けてみれば、
某番組に因み「いざというとき頼りにならないメンバーは?」と…。
「悩みじゃないの?」「普通の質問ですか?」そのようで( ̄ー ̄;)ゞ 
「頼りにならないの?メンバーで?」「いざというときね」
「まぁ、やっぱり皆、いざというとき」
「助けてくれようとはしてくれるでしょうけど」
「でも結局、凄い頑張ってくれて空回りするってのが」
「結果、マルなんじゃないかって」
そうだと思いました(*TーT)b 
「一緒ですねぇ」「ツメ甘いんですよ」
「喜ばそうとしてくれてる気持ちは出てるんやけど」
「カウントダウンでも『もっとええタイミングあるやろ』ってところで」

「そうそう、去年に至っては、着替えてるとこ見てもうてるから」
「楽屋にトイレ2つとお風呂場があって」「歯ぁ磨いてるかなんかしてたら」
「デカいカバン持ってトイレ行くんですよ」「『何すんねん』って」
「もっと、ちゃうとこで着替えたらええのに」「何で見てもうたんや」

「そういうとこが出ると思いますよ、マルちゃんって」そこがツボなんすよ☆(ノ∇≦*) 

“モンじゃい・ビート”に乗せてのエンディング、
「さぁ、来週のオンエアのときには、発売もしてますから」
「その次の時には、札幌も終わってますから」福岡もね♪(* ̄  ̄)b 
「触れずに来週・再来週と」「まぁ、楽しくやってるでしょう」
「怪我ないようにやっててほしいですね」強く望みたいです☆(*゜‐゜) 
ラストは「ばいばーい」緩い挨拶で締め括られました(*^.^*) 

by marooon8 | 2011-11-14 01:56 | エイトごと

<< 手中の救世音♪ 11月13日∞拍手御礼 >>