Yahoo!JAPANドーム 27日-一曲一言(後半)-

コンサートから2日を経て、
思い出せない場面も生じてきました。
誰が何をしたのか全く記憶になかったり(ノ_-;) 

例の手作りウチワに関しては、
置いてる時間の方が長かったです(爆)。
Grooveを感じる度、全身を揺らしてしまうのも、
ある種、体質の問題なので致し方ありません(* ̄σー ̄) 

オペラグラスは必要でしょうね。
外周やバックステージでは遠ざかりますし、
忘れてきたのを、ちょっと悔やみました(_ _。) 

あと、アルバムだけでなく、
直近シングルのカップリング等も
聴き込んでおいた方が良さそうです☆(*^^*ゞ 



Dye D?
メンバーが去った直後、
スクリーンにタイトルが示され、
何かが起こりそうな予感が((o(б_б;)o)) 
1台の車がホテルに到着し、1人の女性が降車。
運転手のヒナちゃんが会釈していた記憶があります。
玄関で出迎えるのがマルちゃん、フロントはヨコさんです。
美しい手で渡されたルームキーは「808」八百屋ですね(違)。
エレベーターにはすばるん、やはりスタッフだと思われます。
ベルボーイのヤスくんは廊下でワゴンを押しながら笑顔を見せ、
客室では、tornが食事の仕度を整えていたでしょうか? 
女性が腰を下ろしたテーブルを取り囲む7人、
その口元から覗く鋭い牙は…ドラキュラのD?(ΦωΦ) 

このタイミングで、メインステージ中央から現れ、
ヘッドセットを装着した状態でメンバーは歌い踊ります。
スクリーンではストーリーが展開しており、
ヴァンパイア達が女性に襲い掛かってるワケで…。
どっちを見たらイイんだぁー!<(゜ロ゜;)> ←落ち着け 
「いずれDVDになったら収録されそう♪」と勝手に決め込み、
一先ず、メインステージで踊るメンバーにロックオンしました。
火の演出もあり、めっちゃテンション上がって暴れたんですけど(;^_^A 
あの独特な間奏で踊る様には驚かされましたねぇ(ノ´▽`)ノ 
そして「Dye D?」の声の主も判明しました☆(* ̄ー ̄)v 
曲が終わった後で、新たな映像が流れ始めます。
近い設定のまま進み、最後に驚くべき展開が!Σ(゜m゜=) 

wander
衝撃の結末を迎えた後のスクリーン、
青い地球が映し出されてるのに気付きました。
横一列に並んだメンバー、すばるんの声に震わされます。
一文字ずつ浮かんでくる歌詞にも見入ってしまいました。
メインステージは真っ暗で、何処に誰がいるのかわからず、
気付けば、マルちゃんが目の前で歌っていたような…。
直ぐに背を向け、ステージ下へと進む後ろ姿を見た気がします。
とにかく聴き惚れてしまう神聖な時間でした☆・:*:・ ( ̄* ) 

急☆上☆Show!!
各ステージで、ジュニアの皆さんが踊ってるようです。
関ジャニ∞の声は聴こえるし、モニターにも映ってるのに、
生の姿が見当たらず、アチコチをキョロキョロ見渡していたら、
メインステージ向かって左端から、巨大な何かが…気球っ!?Σ(- -ノ)ノ 
1つに2人ぐらいずつ乗ってるようで、合計4つがドーム内を旋回します。
どういう組み合わせで誰が何処を飛んでるのかもわからないまま、
無事を願って、踊りながら上方を見続けたものです(*゜。゜)m。.::・'゜☆
流石に空中でのドラムパフォーマンスはありませんね(←当然)。
大サビでマルちゃんが「皆の笑顔探したら♪」と歌詞を変え、
たっちょんは「待たせてゴメンね♪」言うてました☆(*ノ∇)ゝ 

ズッコケ男道
地に足着いてない人達から「OK!みんな声出すぞ!」言われ、
ガッツリ歌って踊って、合いの手でも盛り上がりました♪(≧∇≦)b 
ヨコさんの煽りは、地上と違わず絶妙な間合いでした!(*゜▽゜ノノ゛☆ 
「ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!」の安定感も流石です☆ 
それぞれに高低差があったりするのも、見ていて面白かったです(*´σー`) 

Wonderful World!!
まさかの空中3曲目ですか!ヽ(*'0'*)ツ 
ちょっとずつ高度が下がってきたのを視認し、
踊りながら、着陸を待って過ごしました(*^.^*) 
ヤンマーの乗った気球がメインステージ傍に着いたようで、
大サビで現れた亮ちゃんに「みんな、歌って!」言われると、
めっちゃ大声で間違いながら歌ってみました(〃⌒∇⌒)ゞ 
途中「あれ、ヤスくんのハモリが聴こえない?」とか、
「ここら辺、よくヒナちゃんが煽ってるのに…」なんて、
違和感を覚えてる間に、歌い終えたメンバーがハケていきました。

夜な夜な☆ヨーNIGHT
そりゃ、声も聴こえないはずです(* ̄σー ̄) 
例のイントロが流れ、何が起こるのかと思えば、
メインステージ中央で土下座…いや、正座で礼をする3人が(-ω☆) 
最初は両サイドの妖精さんしか見えませんでしたが、
どうやら私の席からはPAの陰になっていたようです(T▽T) 
背中に大きな羽の付いた真っ白なスーツ、
3人が横並びで後ろを向くと、「鷹」「優」「勝」が見えました☆ヾ(〃^∇^)ノ 
生の「しーんちゃん♪」「なーんなん♪」は可愛すぎました(*´ェ`*) 
予習の段階で、歌詞カードのカッコ部分を憶えてきたはずが、
いざ始まってみると、カッコを見失ってしまったという(T▽T) ←致命的 
センターステージに移動した3人の煽りで
「びばびば」のくだりも無事クリア☆ヽ(*^^*)ノ 
メインステージに戻ると、再び正座で頭を下げ、
首を傾げた「へにゃ♪」で締め括られました(>▽<) 


メインステージに現れた金の卵。
赤い字で「す」と記されています。
夜な夜な組が触ったりしながらハケていくと、
殻が割れ、中から真っ赤な生き物が出てきます。
フードには、耳のような角のような何かが付いていて、
あまりの小ささと愛らしさに「ジュニア?」と思っていたら、
「わぁーっ!」と一声…あ、渋谷さんご本人でしたか!(ノ´▽`)ノ 
声高らかに歌う右後方にはバンド、
左にはホーンの皆さんがいらっしゃいます。
レゲエのリズムに心地好く揺さぶられ、
伝えられる言葉の意味を噛み締めていたら、
「かんじゃにえいと!」が強く響くのを感じました☆ 
そして、今度は我々が声を出すパートに突入です。
すばるんに届くよう、大きな声で頑張ってみました。
スクリーンには客席が映し出され、沢山の笑顔が見えます。
マイクを頭上に掲げたままのすばるん、広報を振り返って、
バンドの皆さんに「音を下げてくれ」的な指示を出してました。
楽器の音が弱まるにつれ、場内の声のボリュームが増していくようです☆ 
感慨深げに全体を見渡すすばるん、真っ直ぐな眼差しが印象に残っています。
ラスト「おーわーります♪」での照れたような笑顔も可愛かったです(〃∇〃) 

ミセテクレ
センターステージに登場したヤスくんがギターを奏でます。
メインステージにドラムセットが進み出たと思えば、
ドラムの脇から現れた亮ちゃんのギターソロとなりました。
マルちゃんもセッティングを済ませ、4人のセッションに移れば、
チョッパーや指弾き等、いろんなベース山さんに興奮させられます(*ё_ё*) 
その後、3馬鹿さんがメインステージに集まってくるのがわかり、
すばるんが、よりヒロトさんっぽい雰囲気になってるなぁと(*゜‐゜) 
「ミセテクレー!」の後で火が立ち上る熱気を感じ、
「福岡ぁー!騒げぇぇー!」に、惹き込まれたものです☆・:*:・ ( ̄* ) 
気付けば、たっちょんのドラムが相当高い位置に達しています。
1年ぶりの「福岡の夜もー♪」で、ドーム内も大いに沸いてました☆ 
山田のラップあたりでヒナ亮が顔を見合わせて笑ってるのに気付き、
こちらまでニヤニヤさせられてしまったという( ̄m ̄* ) 

Do you agree?
ヤスくんのギターが鳴った瞬間、鳥肌が立ちました。
この曲をバンドで聴くのも久々の機会でしたからねぇ☆(*´∇`*) 
気付けば、目の前にはカメラマンさんが…撮られてます?( ▽|||) 
構うコトなく、ヒナちゃんの煽りに乗って、
ペンライト振りまくってたんですけど(*´σー`) 
6人は、次第にメインステージから離れていきましたが、
たっちょんを指す瞬間の気持ち良さ、たまらーん!”(*>ω<)o" 

Hi&High
事前に確認したセットリストでは
別の曲名が記されていたため、軽く慌てました(;^_^A 
たっちょんのドラムが頭上で鳴っているのを感じながら、
モニターに映るバックステージのメンバーを目で追ったり(*^^*ゞ 
ネット裏あたりの盛り上がりが凄そうだなぁと感じたものです♪(⌒-⌒)b 
メインステージまで、ムービングステージで戻ってたでしょうか? 
最後の方、どうしても藤崎マーケットが過ぎる自分でスミマセン(T▽T) 

マイホーム
「最後の曲、聴いて下さい」で始まったイントロ、
ギターやストリングスが合わさるのも心地好く、
横並びで歌うメンバーの表情に、
安堵感や達成感が窺えるようで、
少しだけ涙ぐんでしまいました(ノω・、) 
最後「両手広げて♪」のあたりで、
ヒナちゃんが大きく手を広げてるのに気付き、
泣かされそうになるのをグッと堪えたものです。
そのうち、銀の紙吹雪が降り注いできて、
キラキラ輝く向こう側の光を追い続けました☆ 

<アンコール>
グッズのTシャツ姿で再登場したメンバー。
マルちゃんが「僕が言うのもおかしいかもしれないっすけど」
「もう1曲、やってもイイですか?」
的にお伺いを立ててます(;^_^A 
「マルのバースデーライブなんやから」と許しを得たところで
「お手を拝借しても宜しいでしょうか?」謙虚山さん(*TーT)b 
妖精さんが早い段階で拳を掲げ、ヨコさんも手を挙げていた気がします。
周りをキョロキョロ見ながら、亮ちゃんもソーッと手を挙げていました(*^.^*) 
ヒナちゃんは一度挙げた腕を下ろし、渋谷さんは不動です(T▽T) 
「今宵はオツなパーティーが繰り広げられているようで…」みたいに言いながら、
「1、2、3、パァーン!」応じてはみたものの…猪木さん?(・-・) 
「『心が』とかちゃうんか?」「お前が忘れてるやんけ!」噛みつく亮ちゃんが可愛く、
すばるんの口が微かに「ぱーん」と動いてるように見えました(*´σー`) 

無限大
「友情!」から叫ぶ流れも久しぶりです(T-T) ←感涙 
メインステージで横並びになったメンバーの笑顔も輝いてます☆ 
両サイドに分かれ、フロートを目指して進む6名。
残ったヨコさんは、ステージ中央で手を大きく左右に振るフェイクや、
「パーン」未遂などで、お客さん相手に遊んでるみたいでした(〃⌒∇⌒)ゞ 
ニコニコしながら一頻り遊ぶと、フロート目掛け、走ってましたね(笑)。
いつの間にかメインステージに戻っていたすばるん、
大サビでマイクを向けてくれたため、再び声を出させてもらいました(シ_ _)シ 

無責任ヒーロー
メンバーはフロートでバックステージへ移動してます。
その様子を見ながら、こちらもガッツリ踊ってました♪ 
間奏で煽られるがままに声を出し、ハッチャケてみた結果、
自分が暴れた記憶しか残ってません(爆)。
そんな曲もあるさぁー!ヽ( ̄▽ ̄)ノ←開き直り 

フリーダム理論
バックステージで歌い始めたたっちょん、
「屑がゴミ箱にゴール♪」的に間違えてました(笑)。
続いて歌う亮ちゃんも、何やら弾けた動きでしたね( ̄m ̄* ) 
腹ばいのヒナちゃんは、サインボールを撃ち込もうとしてます( ▽|||) 
途中で、左頬にハートを付けてるたっちょんが映っていました。
すばるんがシャクレているのにも気付けて良かったです(-ω☆) 
アウトロでマルちゃんのアドリブが聴こえたのは、この曲でしょうか? 
めっちゃハマってて「凄い!」と1人テンション上がりました☆v(≧∇≦)v 

曲が終わり、ヒナちゃんが話し出すと、
両サイドには、チョケる妖精さんが出現。
そういえば夜な夜なトリオだったんですよね(ノ∇≦*) 
先ず「モンじゃい・オーケストラ」の皆さんに拍手が送られ、
ジュニア、スタッフへのお礼に続いていきます。
子供のeighterを労うくだりでは、
「子供は自分のコトを子供だと思ってないけどな!」みたいな茶々が( ̄∇ ̄;) 
他にも色々言ってたんですが、まぁ…思い出せませんよね(虚)。
eighterへの拍手が終わるや否や、
ヨコさん「俺達がぁー♪」えっ、未だ両手空いてますけど(◎_◎;) 
ステージ上で手繋ぎが始まるのを見ながら、客席も少しずつ動き出します。
既に「最強のぉー♪」まで進んでいて、フーフー言う余裕がありません(T▽T) 
でも「関ジャニ∞!!!!!!!!」にはバッチリ間に合って良かったです☆(⌒-⌒)b 
ステージでは、マル亮の間にすばるんがいました( - ゛-) ←睨むな 

マルちゃんが「メリークリスマス!」言うたのをきっかけに、
たっちょんも「少し早いけど、メリークリスマス♪」乗っかって、
最終的には「少し早いけど、鬼は外!福は内!」年を越しちゃいました( ̄∇ ̄;) 
まぁ、ここが福岡だからでしょうね(←曲解)。
ハケるとき、ヒナマルだけが残る形になり、
「一緒にやろうや」誘って、2人が「パーン!」で去っていきました(*^^*ゞ 

<Wアンコール>
最初に出てきたのは亮ちゃんだったでしょうか? 
とりあえず上半身裸のヒナちゃんをガン見してました。
前に立ちはだかったヤスくんの背後で…何やってんすか?(ΦωΦ) 
逆サイドに目を遣れば、白タンク山さんと黄タンク倉さん(*/∇\*) 
マルちゃんの隣に立った亮ちゃんが、
白タンクを捲ってお腹を触ったり(〃д〃) 
「もぉー、どんなんほしいの?」「まだやりたいんですか?」
「まだまだ帰せません」
嬉しい言葉もいっぱい聴けました♪(* ̄ー ̄)v 

モンじゃい・ビート
「エイトー!」で始まってビックリしました(;^_^A 
序盤から方々に散っていくメンバー、
ヨコヒナマルが花道手前に残ってます。
前の演出で出来た水溜りを利用して、
スライディングに挑むヒナちゃんが見えました( ̄m ̄〃) 
ちょうどマルちゃんのソロに差し掛かるタイミングで、
歌っている背後からタンクを脱がせるヨコさん、ナイス!(≧∇≦)b 
ヒナマルが揃ってスライディングした後、マルちゃんの白タンクを
ステージと客席の間に、そっと投げるヨコさんが素敵でした☆(*ё_ё*) 
センターステージからバックステージ辺りを行き来してたんでしょうか? 
マルちゃんの乳首にハートを貼りつけようと勤しむ師匠。
無事に貼るコトが出来て、嬉しそうにカメラへアピール(*^.^*) 
その後、剥がすでもなく左のハートを弄り倒してました( ̄¬ ̄*) 
マルちゃんについては、笑ってた記憶しかなく…拒まなくてイイの?(・・*)ゞ 
曲も終わりに近づくと、メンバーは続々とメインステージに戻ってきます。
「みんな、好いとーよ!」ヤスくんが博多弁で伝えてくれて、
亮ちゃんは「素敵な冬をオススメします!」とか言ってました(笑)。
大きな3人が1つのトロッコで戻ってくる間、
「ポッチャリ3人組です」自己紹介してましたっけ? 
三者三様の装いが、またシュールで面白い世界でした(ノ∇≦*) 
「来年は『an・an』の表紙を飾ります!」誓う28歳、
たっちょんが、マルちゃんの裸の肩を抱きながらハケてったんですけど(*ノ∇)ゝ 
最後、1人だけステージに残ったヒナちゃん。
「ありがとうございましたー!」とシンプルに去っていきました(〃⌒∇⌒)ゞ 

カッチョ良くて、大いに笑えて、
ホロッとくるような温かいステージ、
やっぱり関ジャニ∞は間違いないです☆(≧∇≦)b 

by marooon8 | 2011-11-29 14:29 | イベントごと

<< ゴールド7? Re:丸の大切な日 11/29 >>