スバラジ 3/17

他の用事でフラフラしたり、
様子を窺ってソワソワしたり、
気付けば遅くなってしまいました。
元々、遅い時間の番組ですしね♪( ̄∇ ̄*)ゞ 

今回も少し遅刻気味に聴き始めたところ、
「DVD、21日発売のが届きましたよ」「初回、通常、ブルーレイ」
「僕も初めて開けますよ」
いきなり作業チュウ!(ノ´▽`)ノ 
ブックレットを手に取ったようで「うわ、見せれないよ!こんなん」
「ニンジン被ってる渋谷さんいますね」
ちょっと見えたかも♪( ̄m ̄* ) 
「初回はお得感が」「MCダイジェストとか『丸人』とか」
「錦戸亮の“BJ”とかも歌ってますしね」
ジェラ…いえ、大丈夫です(*▼▼)ゞ 
「野球カードみたいなのが」「『Live Edition』って書いてあるけど」
「うわー、凄いな!ええなぁ!」「背番号とかBlood type、誰もが知ってる情報」
「通常盤にはエンドロールがねぇ」「僕らのDVD、エンドロールに金掛けてるんですよ」
「僕も大好きなんですよね」
そんなコトを言われると心が揺らぎます(_ _。) 
カードについても「これ、イイ写真!」「このギャップが…これは見てほしいなぁ!」
「さっきと違う写真が」「イイぞ!テイチク」「上手いコトなってるわ」
「ブルーレイ、こっちも野球カード?また違うのが…攻めるねぇ、テイチク!」
「これは、あっちの方の写真が…これはレアな」「これは、また違うんだ」
「こうなりますわなぁ?これ推しで」「いろんなコトやってて良かったねー!」

あまりに指示代名詞が多すぎて、何のこっちゃわかりませんけど(; ̄ー ̄) 
「ただ、渋谷家では…僕ん家のデッキではブルーレイ見れないコトがわかりまして」
「『ゲーム機でやったら見れるよ』って言われたんですけど」
「意外と古かったっていう」「5年前ぐらいに買ったんかな?対応してない」
「ブルーレイって何なんですか?ブルーレイしか見れなくなるんでしょ?」

DVDも試聴可能だと教わり「ホンマですか?」ホンマですよ♪(* ̄ー ̄)v 
「何してんの?DVDでええやん!」スタッフさんが映像の美しさを伝えられます。
「1回も見たコトない」「知らなくてイイ」「最高の画質でDVDを楽しめてるから」
何ヶ月か経ったら、コロッと変わるんじゃないかと(←憶測)。
「カード目当てだけでブルーレイ買っても損せんようになってるよ」
「いや全然、損はさせません!」
自信満々に言われるほど、楽しみが増します♪ 
「僕も持って帰って見るの楽しみですよ」「4日後ですか?」
「これは写真も野球カードもよろしくお願いします!」

特典の印象が強く残る中、タイトルコール。

「さぁ、始まりました」「特に言うコトはございません」
「DVDを楽しみにして頂きたいです」
ならないはずがございません!p(・∩・)q 
「1曲目、聴いて頂きましょう」「Original Loveで“接吻”」
あまりに懐かしく意外な選曲で嬉しくなっちゃいました♪(〃∇〃) 

リスナーさんからのメッセージに
「ありがとう!みんな」力強く返してます☆ 

「エイトレンジャー」の映画化に関するメールが
多数寄せられ…あ、BGMが“無責任ヒーロー”に!(*'▽'*) 
「ありがとうございます!そうなんですよ、遂に」
「8周年の企画というか映画化」「絶賛撮影中です」
「もう撮ってますよ」「だから最近、髭ボーボーなんです」

まぁ、ボーボーってコトにしておきましょうか(;^_^A 
「めちゃめちゃオモロいですよ!」「何シーンか撮って」
「現場で編集してはるから、見せてもらえるんですけど」
「もう…バカですよ」
その言葉が心強いです☆(≧∇≦)b 
「堤監督っていうと『トリック』とか『池袋ウェストゲートパーク』とか」
「面白いんですよ」「思いついたボケを、その場その場でやっていってて」
「楽しみにしてほしいですね」
あの方の作品、私もツボを突かれます(*TーT)b 
エイティングスーツについては「元々のが安っぽすぎたんで」
「ただのツナギやったんで」「一番最初なんて、軍手と長靴でしたから」
「それでもライブで、ブーツになったり、ええ手袋に変わったりして」
「武器については、それぞれ、キャラがありますから」
「それぞれの得意技、見せ場ありますね」「どうっすかね?」
「楽しみにしてほしいんですよ」
声がワクワクしちゃってます♪((o(*^^*)o)) 
「もうちょっとしたら、映画館で予告編とか流れ始めると思いますけど」
「既に撮ってありますから」「主題歌もレコーディングして」
ナヌッ!?Σ(- -ノ)ノ 
「公開は『なにわの日』ですって!7月28日」「夏に近づくにつれ、流れ出すと思うから」
「先ずは映画…ただ、これだけじゃありません」
「これから色々出てきますから」
覚悟が必要っすか?((o(б_б;)o)) 

ポーランドのeighterさんからメールが届き、
ヨーロッパにもファンが沢山いると伝えられました。
「マジか?おい!」「住所…ええー!マジ!?」
「クラウディアって…梅宮辰夫の嫁?」
詳しいっすね( ̄∇ ̄;) 
「ポーランド出身で、どっかから送ってもらって聴いてんのか」
「えぇー、そうなんや!ありがとうございます!」
声も弾んでます☆ヽ(*^^*)ノ 
スタッフさんからヨーロッパ行きを打診されると「出してくれる?全然行くで」
「自腹で」とかボソボソ仰ってるのが聴こえました(T▽T) 
「凄いなー!ヨーロッパとか、行ったコトもなけりゃCDも売ってないもんね」
「めちゃめちゃ嬉しい!」「しかも、ポーランドからNACK5に」
「凄いなぁー!このネット」
こういう視点が大好きです♪(ノ∇≦*) 
「これからもよろしくお願いします!」「『スバラジ』も聴いて下さい」
「ここで1曲、聴いて頂きたいと思います」「ブルーハーツの“青空”なんですけど」
「94年のライブ音源で“青空”聴いて下さい」

タイトルを告げられた段階から、記憶を遡る旅に出てしまいました。

「妄想鉄道すばるナイン」
「さ、妄想でございます」「久々かな?」
前回のおさらいを聴き「何やねん?これ」
「『首室伏』て」
言うたん自分や!ヾ(ーー )
今回のお題は、こちらでした。
「渋谷すばるが朝起きて『た』だけがいえなくなったら?」
「どういうコトですか?」「おはよう…これ、だからそうですよ」
「1人で、家におったら別にええけど」
「『スバラジ』の日なんて、どうしようも出来ない」
「名前も言えないっすから」「『しぶや』で、この際」
「未だに、よく間違えられるけど」「『ワケあって、今日だけしぶやで』って」
「しんどいって!」「もう、だからタクシー停めれないですよ」
「『へい!へいへい!』って、元気なヤツ」「へいへいー!」

めっちゃ笑ってて、こっちまで面白くなってきます( ̄m ̄〃) 
「これ、困るなー!」「ライブなんて歌えないよ…Sing a song出来ないよ」
いきなりルー化してしまう恐れまであるとは(=◇=;) 
「あと『eighter』が言えない」「『ファーン!』って呼ばな」
「それが嫌やから、俺がつけたのに」
そうだったんですね(ノω・、) 
「『お客さん!』って?」「これは辛いなー!不自由だらけですよ」
「言ったらどうにかなるんじゃなくて、出ないんですよ」
「どういうコトなんやろ?」「しぶっにすばる…変なヤツになるんです」
「めっちゃ鬱陶しいわ!不便やなー」「これは大変や」
「ストレスでしょうねぇ」「ストレスでハゲんのかな?もう耐えきれない」

ハゲても似合いそうだから大丈夫じゃないでしょうか?(←フォロー下手) 
「けど『そういう人なんや』って定着させたら、逆に伝わるかも」
「俺の言えない『た』が伝わるんですよ」「例えば『愛してた』みたいな歌で」
「それほど感動的なコトはないですよね」「だから、より表現が深くなる」
「『た』が言えたとき!これはもう、クララが立ったときですよ!」
「言えないってのも、全て武器に変えて…これやね、答えは」
「『た』を言えないコトで、より表現力が深くなる」
「或いは、道で『へいへーい!』って元気になって、辛すぎてストレスでハゲる」
「このどっちかですね」「究極のパターン」
初めてのケースですね(; ̄ー ̄A 
「なかなか苦しいな」非常に聴き応えがありました♪(*´∇`*) 
「じゃ、1曲聴いて頂きましょう」「導楽で“Still in Love”」
男性のレゲエシンガー、切なくてメロディアスな曲でした(*゜‐゜) 

「さぁ、エンディングですけど」
「ステッカー、今回はクラウディアに…届くんですか?」
「ポーランドに」「金掛かるわぁー」「でも、届けます」
「聴いてるんかわからんけど」
お聴きになってたみたいですよ♪(*^.^*) 
改めてDVDに関する告知が為され、
締めも「クラウディアー!」名前を呼ばれていました♪(〃ω〃) 

by marooon8 | 2012-03-18 02:18 | エイトごと

<< Basic ∞ Form 3月17日∞拍手御礼 >>