成功者の苦悩

ちょっと空腹を覚えながらも
気にしないフリで通しております。
書いてる時点でスルー出来てませんけど( ̄∇ ̄*)ゞ 

「関ジャニ通信」は3週目のたっちょん☆ヽ(▽⌒*) 
30分、聴けたり聴けなかったりの状態でした(;^_^A 

オープニングでは、先週の放送で
ヤスくんの誕生日に触れなかった件を踏まえ、
「昨日は、すばるくんの誕生日」的にシフトしてたようです(;^_^A 

「一番ドラムが難しい曲は?」との質問に
たっちょんが“宇宙に行ったライオン”を挙げたらしく、
「ピアノも難しい?」振られたヒナちゃんも
「テンポ速いしコードいっぱいある」なんて応じたそうで、
一度間違えると置いていかれてしまうんだとか?( ▽|||) 
その分、弾けたときの達成感も大きかったんですね♪(*´∇`*) 
本番になったらビシッと決められるメンバーが多い中
「マルちゃんくらい…」最年少からのタレコミが(T▽T) 
「メンタル弱い」「間違えたら背中ちっちゃくなる」
「あと、メンバー見る『バレたかな?』って」
姿が想像できて、めちゃめちゃ可愛いんですけど♪(*´ェ`*) 

「ダンスを合わせるコツは?」問われ
「KAT-TUNに訊いたら?」的に返したところへ
「Sexy Zoneのがええんちゃう?」ヒナちゃーん!(*'▽'*) 
たっちょんも「めっちゃ揃ってる」言うてたそうです☆(ノ´▽`)ノ 
しかし「A.B.C-Z」が「えーびーしーぜっと」になってたとか?(; ̄ー ̄) 
関ジャニ∞の場合は「フリーで」が多いという話で、
「楽しんだらイイ」「僕らのモットーです」ブレません(⌒-⌒)b 

「小さい頃から人前に出るのが得意だったか?」なる問いに
「誰もが得意じゃないと思う」「好きな人も偶にはいるけど」
「俺は得意じゃないから」
徐々に慣れてきたんでしょうねぇ(*゜‐゜) 
「失敗してもどうってコトない」たっちょんが言えば
「失敗するつもりで」「噛んだとか間違えたとかミスの範疇じゃない」
「遣り切るだけでOK」
ヒナちゃんも鼓舞したみたいです☆(*^.^*) 

「太鼓の達人」に関する質問が続いたようで
「他に得意なコトは?」的に訊かれたみたいです(T▽T) 
「誰もが達人になれるワケじゃない」カッチョイイ!d(-ω☆) 
「僕ぐらいやり込んでると、プレッシャーで楽しめないんですよ」
「追い込まれてますもん」
達人の切なる訴えに
「達人以前に戻りたい?」問い掛けるヒナちゃん。
「でも、達人だから付いて回るコトで」嗚呼、試練(*TーT)b 

名言&作品紹介、名言について
「『恋に恋してる』じゃないけどなぁ…」呟けば
「かもしれないですねぇ」あら、聴き憶えが( - ゛-) 
「伝家の宝刀、今週も出ましたねぇ」
「そうかもしれないですねぇ」緩い遣り取りです(ノ∇≦*) 
部活の合宿話になったようで「俺、中学校やった」
「練習も嫌なコトあったし、中1の夏休みとか」
「先輩の邪魔にならんようにフットワークを」

ボールを持たせてもらえなかったんですね(ノω・、) 
「そのときは永遠に感じるよなぁ?」言われるも
「ラクするコトを憶えてたら身にならんかった」
こう言えるヒナちゃん、ホントに凄いと思います☆ 
「先輩が強かったから」「市内では負けナシやった」
「めちゃめちゃ強豪校」「下も育てなアカンし」

それこそプレッシャーだったかもしれませんね(*゜‐゜) 
「今となっては、1つの年の差って何でもないけど」
「中1にとっての中3って大人やった」確かに...( = =) 
たっちょんの場合は「テニス部、1週間で辞めた」
「なんで?」「難しかったから」お見事!(*゜▽゜ノノ゛☆ 
友達と2人、軽い気持ちで入部したところ、
直後に些細なコトで喧嘩してしまったらしく、
以降、友達は部活に来なくなったんだそうです。
そして、1週間後に仲直りして部活を辞めたと…へぇ(* ̄- ̄) 
「最悪やろ?」「最悪やん」なんてノリで振り返ってました(T▽T) 

エンディング、“あおっぱな”をバックに
「コンサート尽くしの…」「こっから」
早くも年末へ向けての気合いが☆p(・∩・)q 
「すばるも31歳になりましたから、年齢的なケアを」
「怪我もせんように、準備体操とかしとかな」
「それでもしますしねぇ」テンション上がったときが要注意?(*▼▼)ゞ 
ラストの「さよならー」「バイバイ♪」はバッチリ届きました♪ヽ(*^^*)ノ 

by marooon8 | 2012-09-24 01:40 | エイトごと

<< Rhymeighter☆ 9月23日∞拍手御礼 >>