KUBOSSA GROOVE

別件で録画した朝の番組に、
久保田さんが現れて仰天したのも、
かれこれ3週間前の話になります(;^_^A

“KUBOJAH”というアルバムが、
1991年の秋にリリースされました。
「Parallel World Ⅰ」と冠された作品、
通常のスタジオ盤とは異なるコンセプトの、
いわゆる「企画モン」的に伝えられたものです(*^^*ゞ

そこでのテーマは「レゲエ」でした。
初めて作った曲が“ジャマイカに帰ろう”だったり、
ボブ・マーリーに酔いしれた少年時代が語られていたり…。

前年のアルバムに、
レゲエ風の曲が収録されたのは、
ある種の伏線だったのかもしれません。

結果、強い想いが籠もった
ハイクオリティな作品に魅了され、
自ずと次回作への期待も高まりました☆

しかし「いずれ『Ⅱ』も作る」とか、
「次はジャズかも」なんて言いながら、
そのままフェードアウトしていった印象が(;^_^A

1回こっきりで終わったのかと考え、
そんなシリーズの存在さえ忘れつつあり…。

四半世紀近くを経て、
いきなり放ってくるあたり、
年季の入ったヘソ曲がりだよなぁと( ̄▽ ̄;)

そんな「Parallel World Ⅱ」は、
ボサノバに軸を置いたモノだそうです。

“KUBOJAH”以降のアルバムにも、
ボサノバ系な曲が収められていたり、
THE BRIDGEなるユニットに於いて、
ボサノバ感の漂う曲を歌い上げていたり…。
兆候は早くから表れていたんでしょうねσ(^_^;)

来月上旬にリリースされる今作、
果たして私は入手するのか否か…。
ここで迷うのも妙な話ですけど(*^^*ゞ

このペースでいくと、
「Parallel World Ⅲ」の発売は、
古希あたりになるかもしれません( ̄▽ ̄;)

by marooon8 | 2013-06-06 17:53 | ホカごと

<< レンジャー感想 6/6 Re:丸の大切な日 6月6日 >>