筆記ノススメ?

リアルタイムでは聴けない番組ゆえ、
事前に、ある程度の内容を頭に入れた上で、
声のトーンや空気感を楽しんじゃってます♪(*^^*ゞ

「関ジャニ通信」では、初っ端から、
ヤスくんの誕生日に触れていました♪(*^m^*)
「幾つになるんや?」確認した後で、
「30歳=オッサン」みたいな感覚が、
以前と比べ、薄れてきたと語られます。
現在、活躍されているアスリートを例に挙げ、
「世代交替できてないんかも」軽い自戒だったり?(・・*)ゞ
イチロー選手、来月には四十路ですねぇ…。
ヒナちゃんは「早く30歳になりたかった」らしく、
「変わるのかと思ったけど…」ですよね( ̄ー ̄;)
「周りが変わった」みたいに言うたりもして(*^^*ゞ
「さぁ、皆さん!アプリとは何でしょう?」
唐突な問い掛けに驚かされちゃいましたσ(^_^;)
「基本的にはガラケー」だと言うヒナちゃん、
スマホは仕事でしか使っていないらしく、
唯一、重宝しているらしいアプリは、
「困ったときに調べれるヤツ」だそうです(*^^*)v
「パソコンでしょ?スマホって」言うて、
タブレットでパズルゲームが云々と…。
よほど、印象的だったんでしょうね( ̄▽ ̄;)
「使い方は、それぞれですけど」添えたり(*^o^*)
オープニングナンバーは“涙の答え”でした♪

京都の中学生リスナーさん、
「旬の食材を用いた料理」が、
家庭科の宿題として提出されたらしく、
アマトリチャーナに挑まれるとの話でした。
しかし「あんま加えたらアカンからね」と、
アマトリチャーナの調理法を説明し、
「旬な食材使うなら、それのパスタは?」
「トマトソースに合うモノとか…」
「秋刀魚使ったパスタとかは?」提案し、
京野菜を薦めたりもしています♪(*^m^*)
周囲のスタッフさんへ「宿題であった?」
「出てないよね?」的に問うてみた後、
「京都で、こんなんやるってイイよね」感嘆☆
「スゲーなぁ、13歳でアマトリチャーナ知ってる…」
いや、貴方のファンでいらっしゃるからじゃ?( ̄ー ̄;)

手越くんの名前を出しつつ、
サッカーについて語った件で、
手越くんのリアクションが伝えられ、
「反論はありますか?」なる質問がσ(^_^;)
笑いながら「ないです、もう…」告げ、
手越くんと選手の仲にも言及しながら、
「何で言うてたかは知らんけど」
「大阪のローカル局まで送ってこんでもええやん」
スタッフさんの笑い声も聴こえてきました(ノ▽≦*)
「一緒に出来ればええけど」的にも言うて、
「手越だけと勝負してるワケでもないし」
「俺の言い方がアカンかったんやなぁ」
ちょっと反省しているようでもあり(・・*)ゞ
仲の良さでは勝負できないものの、
「俯瞰の立場として」外側の視点から、
「冷静な意見は言えるでしょうね」
新たな宣戦布告と捉えられるかも?( ̄ー ̄;)
「また誰か伝えんねやろ?」言うて笑ったり…。
個人的には、展開が楽しみですけど(*^m^*)
ここでは“あおっぱな”が流れていました♪( ´▽`)

「嫌な夢ばかり見る」とお悩みのリスナーさん、
ヒナちゃんの夢見の良さについてお尋ねでした。
しかし、日本代表に入る夢も見ていたとは(ノ▽≦*)
「夢占いは逆って言うし」的なフォロー♪( ´▽`)
ヒナちゃんの場合、楽しいコトを考えたり、
楽しかった出来事を思い出しながら、
眠りに就く習慣があるんだそうです☆
「反省とかは風呂で全部流してます」
「基本的に、お気楽な睡眠」肖りたい.jp
潜在的な不安があるのではないかと読み、
「不安に思うコトを箇条書きにすればイイ」
意外な提案が為されて驚いちゃいました(◎_◎;)
ヒナちゃんも、過去に実践していたようで、
「上手くいけへんのを箇条書きにしてたら」
「半分、人のせいにしてた」気付いたようで、
その部分を消しつつ、見つめ直したんだとか?
「気になってるコトを書き出してみたら?」
「傾向と対策にもなるし、オススメ」と…。
部外者ながら、私もお勧めしときます(笑)。
未だ、書く癖は残っているみたいで、
「To do リスト」的にまとめてみたり、
持ち物リストを認め、チェックしたり…。
何れも、かなり衝撃的な事実でしたねぇ(・・*)ゞ
「アホやから、困るん自分ですし」
「癖にしてしまえばイイんですよ」
「書くというのも1つの方法」なるほど☆
3曲目は“へそ曲がり”で…イイ流れっすね♪(〃▽〃)

名言には「これ時間経たな」
「わからんコトですよねぇ」唸ったり( ̄ー ̄;)
コミックの内容に触れつつ「香水なぁー」
「一時つけてたけど、持ち歩くん邪魔くさい」
カバンの中で蓋が開いているコトがあり、
「もうええわ」思ったみたいです(T▽T)

ここで、リスナーさんからのご相談が…。
居酒屋でバイトをされているそうで、
10歳上の店長を好きになったとのコト。
誕生日が迫ってきているのもあり、
プレゼントにも迷っていらっしゃるようです。
同年代として意見を求められたヒナちゃん、
「年齢近いけど共通点ないで?」
「趣味も知らんし」それを言っちゃぁ…(後略)。
ヒナちゃんが、自身に置き換えた場合、
21歳からの告白に「ビックリするなぁー」
「『何が?』って言いそうな感じある」と…。
リアルな反応だったりするんでしょうか?σ(^_^;)
こちらのリスナーさんに対しては、
「距離感近いってのはあるやろうけど」
「21歳が渡すぐらいのモノを」と提案。
「高価すぎると構える」「素朴なモノがええ」
「このぐらいの歳になると物の値段もわかるし」
めちゃめちゃ説得力あるんですけど(*^^*)b
「上手いコトいったら、めっけもん」
「告白するってコトは脈あるんやろうし」
「居酒屋マジックじゃないですか?」
このあたりは、意味がわからなかったり(;^_^A
「報告待ってますわ」成功を願いたいっすね☆

エンディングでは「ヤスくんが誕生日迎えたら」
「次はすばるが」「9月は2人おるんでね」
喜ばしい記念日の多い月ですよね♪( ´▽`)
「それ過ぎたらアルバムが近づいてきますんで」
「2週に1回ぐらい楽しみあると思って…」
毎日、楽しみを与えられてますが、何か?(* ̄ー ̄)v
ラストは「さよならっ♪」軽快なノリで、
明るく締め括られましたっ☆ヽ(*^^*)ノ

by marooon8 | 2013-09-09 23:19 | エイトごと

<< 9月9日∞拍手御礼 アカンポくんよ、永遠に… >>