日曜日好っきゃねん 11/17

番組が始まる直前、あるCMに反応し、
他局のスポンサーへと想いを馳せました。
色々と移り変わっていくものなんですねぇ(・・*)ゞ

オープニングのクイズでは、
先に出題された野球の件を踏まえ、
サッカーの歴史的大敗の点差が問われます。
第一声「どうなんでしょ?」緩く入り、
「野球は無制限でしたっけ?」尋ねた後、
「ちょっと計算しましょう」言うて、
「3分で1点取るとして前半で15点」
「前半と後半で合わせて30点」呟いた後、
「でも体力も落ちてくるから」なんて理由で、
何やらサラサラと書き出す音が聴こえる中、
最終的に「27-0」と予想していました(*^^*ゞ
ロスタイムはイイんでしょうか?(←要らん世話)

「秋真っ只中、やり尽くしました」
既に暦は冬なんですけど(←うるさい)。
「秋刀魚も松茸も…梨も食べたなぁー」
「冬の楽しみは鍋」一頻り食を語った後、
「お天気お姉さん」後のダイエット話に(;^_^A
食事制限やジム通いに努めていたのを、
あるとき、パッタリ止めてしまったところ、
「見事にブクブク…」ポニョ復活かと☆
「米や麺でエネルギーを蓄えてる」と、
何やら分析しつつ、体脂肪率を明かします。
「頑張ってたときは1桁やった、人生初」
7〜8%だったようで…あら、エイト♪(*^^*)v
ジムを訪れ、10%を目標に測ったところ、
17%という数値を示していたんだそうで、
「機械なんで」的に励まされたとのコト(T▽T)
そこでショック受け、ダイエットを再開し、
「外走るの気持ちイイ」と思えているのが、
どうやら近況報告だったみたいです(ノ▽≦*)
「ライブの裏テーマは『ダイエット』」とも語り、
47都道府県ツアー当時の生活ぶりについて、
「毎日ライブで『流石に痩せるやろ』思ったら」
「太ったんですよ」悲しいお知らせが(T▽T)
「奇跡の身体」というワードがツボでした(*▼▼)b

メール紹介では「落ち葉のように」
「踏み締めながら…踏んじゃダメね」
おそらく台本通りの流れだったかと(*^m^*)
先ずは「たこ焼きとお好み焼き」
「どっちが好き?」とのご質問☆
「お好み焼きは、お酒が美味い」らしく、
「たこ焼きは、延々たこ焼き」だそうで、
主食というよりは、映画を借りた後、
近くで買って帰り、食べながら観るのが、
「最高に美味い」と…具体的ですねぇ(笑)。
直後に「『グー』って鳴ってもうた」言うてて、
聴き逃したのを残念に思ってしまったり(ノ_ ; )
どちらも、それぞれの良さがあるようで、
「『選べ』ってのは無理です」キッパリ☆( ̄^ ̄)ゞ

リスナーさんのご自宅の窓に、
カエルが張りついているそうで、
対処の仕方をお尋ねになっていますが、
「俺に訊く?どうしたらイイかって…」
わかりやすく困惑するパーソナリティさん( ̄▽ ̄;)
前に住んでいたのが「都会のオアシス」的に、
植木がたくさんあるところだったようで、
ある日、仕事から帰って廊下を進めば、
カエルと目が合うという事件が(◎_◎;)
飛び越えようにも、コケて怪我を負うかもしれず、
通り抜けるには「何考えてるかわからん」となり、
結果「飲みに行きました」驚きの行動でした(T▽T)
「こういうの、安田くんが凄いんですよ」と、
虫や魚の扱いに慣れているというコトを、
趣味の情報と共に伝えるのがスマート☆(⌒-⌒)b
マンションが建ち並ぶような住宅街を抜け、
食事に出掛けようとしていたところで、
カエルが閉じ込められているのに気付き、
助け出した上で木に逃がすのを目撃したと…。
「だいぶ、虫救済してますよ」言うて、
「安田くんに相談した方が」との結論に(;^_^A

イジメに遭われたリスナーさん、
「学校へ行けない自分に喝を」と、
強く求めていらっしゃるようです。
「これはねぇ、難しい問題…」唸り、
今までの叱咤する流れなどを示した上で、
「○○は悪くないじゃないですか」と、
リスナーさんに寄り添うように伝え、
「トラウマになってるんでしょうねぇ」
優しい声で穏やかに語り掛けていきます。
高校が特殊な感じだったというたっちょん、
授業の度に教室が変わるようなシステムで、
友達が出来ず、孤立する感覚だったそうです。
人見知りと思い込むような部分もあり、
尚更、苦になってしまったとの話で…。
リスナーさんに対しては、現在の境遇を、
「凄く大きい」「長く生きる中で大事」と、
相手の立場で考えられる利点に変えながら、
「長い目で見て、何か目標を決める」
「仲良くなるのが一番」的に言いつつ、
「難しいので『こうだ』って言えない」
「ゴメンナサイね、こんな感じで」と、
実直に告げ、謝る姿勢に胸打たれました☆

ここで流される曲には、
イントロから反応してしまいます♪( ´▽`)
「それぐらいの年に人気爆発していた」
「僕は懐かしさ満載」「知らん人もおるかも」
スピッツの“ロビンソン”は95年あたりでしたねぇ。

「大倉忠義に叱られたい」
コーナーについて説明しながら、
「ハードなん、ないっすよね?」
「数々叱ってきましたけど、凄いソフトな」
ナニゲに省みているような感じでしたσ(^_^;)

「休みの日は外に出ない」「何もかも怠い」
リスナーさんの仰るコトが他人とは思えず( ̄ー ̄;)
たっちょんは「イイんじゃないですか?」
サクッとした答えに驚かされれば、
「スルーは可哀想やもんね」軌道修正☆
結果「ええやん♪」ソフトに解決しました(ノ▽≦*)
「俺も一緒やもん」ってのが心強かったり☆(*▼▼)b

「好きでもない人と付き合ってしまう」
こちらのお悩みには「これはアカンね」
「男が可哀想や」「ホンマに怒らな」
何やら、本腰を入れてくるみたいで…。
「振った数の男だけ米を抜け!」
助詞や単語の位置にも戸惑いが(⌒-⌒; )
「『ダイエットって辛いな』って思いなさい」
何とも不思議な説得力を伴う感じでした。

「買い物依存」だと仰るリスナーさん。
コンサートに備えて買い足されるようで…。
ここでも「だから、イイよー!」
「俺らにとって嬉しい」的に言うて、
リクエスト通り「何着ても可愛いんやから」
「買っちゃダメよ♪」みたいに叱っては、
「ブレブレですよ」溜息をついていたり(ー ー;)

「親に優しく出来ない」仰る方は、
どうやら母娘でeighterさんみたいで、
「ん?お母さんが大倉くん好きやのに?」
読み返しては「結構ふざけてるな」と( ̄ー ̄;)
「激おこプンプン忠義やで」なるワード入りで、
「語呂がハマってへんやん」ボヤいていました(T▽T)
「アカンのはホンマにアカンよ」なんて、
じっくり諭すあたりも効けましたねぇ☆

ニューアルバムより1曲という流れで、
「ピッタリな曲が出てくるモンですね」と、
“レスキューレスキュー”が掛けられたり(ノ▽≦*)

オープニングクイズの答え、
エミルヌとアデマの「149-0」が、
最大の点差となっていたようです。
「どういうコトやねん」読み進めれば、
オウンゴールを入れまくる展開だったようで、
「どんな仕返しやねん」「こんなんアカンよ」
「ギネスも認定したらアカンやろ」
ヤイヤイ言うた挙句「計算無駄になったよ」
ボソッと呟いたのが可愛かったです♪(〃▽〃)
アルバムやツアーの告知が為された際には、
次の公演に向け「札幌寒いですし」
「一発で暖められるようなライブに」と、
熱い意気込みを語ってくれていました♪( ´▽`)

by marooon8 | 2013-11-17 23:57 | エイトごと

<< 11月17日∞拍手御礼 スバラジ 11/16 >>