少年倶楽部プレミアム 1/22

すばるんのセッションが一昨年、
「紅白」舞台裏密着レポートが昨年、
年明け1発目に関ジャニ∞が登場するのも、
3年連続の機会だと気付かされました☆( ´ ▽ ` )

太一くんとヨコさんの絡み、
実はレアなのかもしれません。
こちらの番組にピンで出演するのも、
それこそ8年ぶりくらいだろうなぁと…。
何が語られるのか、楽しみは募るばかり♪((o(*^^*)o))

実に7年4ヶ月ぶりの出演だそうで、
25歳当時を振り返る32歳のヨコさん。
先輩の「憶えていない」に慌てながらも、
ガムシャラだった過去を遡っていく形に(*^^*ゞ

そして、17年の軌跡が、
ガッツリVTRで振り返られ、
頻りに照れたり悔いたりする様も、
微笑ましく映るばかりでしたねぇ♪(*^m^*)

太一くんが司会を始めた当時は、
今のヨコさんと同年齢だったそうで、
「そろそろ…」的に言い始めるあたり、
誰かさんと反応が被って面白かったり(ノ▽≦*)

ここでヨコさんへのメッセージが…。
足湯に浸かる笑福亭鶴瓶さんでした☆
対応能力の凄さ、トーク番組での上手さが、
真っ直ぐ称えられていて喜ばしかったです♪(*^o^*)

鶴瓶さんのコメントを受け、
番組で学んだコト、鶴瓶さんの可愛らしさ、
どれだけ準備して臨んだのかも明かされます。
太一くんからもアドバイスを受けたそうで、
ひたすら照れる先輩がラブリーでしたねぇ♪( ´ ▽ ` )

“ひびき”披露前、
Oガタンの絡みにニヤけ、
正月休みの過ごし方で笑い、
曲紹介で軽く戸惑いました(;^_^A

これまでの10年間、
順調だったか否かを問われ、
「『順調』と言うと終わり」とか、
「挑戦し続けないと」的な意思が表され、
その一環として、トランペットの話題に…。

東京ドーム初日の映像が流れると、
「めっちゃ下手くそでしょ?」言うて、
顔を覆ったり叫んだり…忙しそうですσ(^_^;)
「新しいコトをしたい」という想いや、
「メンバーを驚かせたい」なる狙いで、
元々はサックス志願だったにも拘らず、
トランペットにシフトされたとか(ノ▽≦*)
今後もスキルを上げるべく努めていくと、
強い決意が示されたのも嬉しかったです☆(⌒-⌒)b

これまで番組で披露された21曲から、
メンバーがチョイスした曲について、
モニタリングし、語り合う素敵な企画も☆(〃▽〃)
ヨコヒナたっちょんが“大阪ロマネスク”
亮ちゃんは“イッツ マイ ソウル”を選び、
皆で笑ったり突っ込んだりしているのが、
ファンとしても有難すぎる光景でした♪(*≧▽≦*)b

このタイミングで夕食となり、
両親にヤイヤイ言われながらも、
最後まで見る権利を獲得しました☆(*▼▼)ゞ

田口くんや斗真くんとの交流、
例のお年玉エピソードなどが出て、
元日の公演に想いを馳せる場面も♪( ´ ▽ ` )

番組を締め括る形で披露された“All is well”
コンサートとも異なる感慨を覚えましたねぇ。
フルコーラスで届けられたのも有難い限りでした☆

これから何度も見返し、
味わい尽くしたいです☆(⌒-⌒)b

by marooon8 | 2014-01-22 21:20 | エイトごと

<< 1月22日∞拍手御礼 週刊TV誌-1/31号- >>