名付け育み励ますアイドル☆

土日にメンバーの番組が相次ぎ、
話題もニアミスする場合が少なからずあり、
その都度、対応の違いを楽しんでしまいます☆(*^m^*)

今回の「関ジャニ通信」は、
「間もなく舞台が始まります」と、
「if or…Ⅵ」の案内からスタート☆
シングルや映画の告知も早々に為され、
このままサクサク進むのかと思いきや、
「受験発表もボッツラボッツラと…」
何やら珍しい擬音が聴こえてきます(*^^*ゞ
中学受験のケースについても触れながら、
「人生で初めて篩に掛けられる機会」と、
高校受験について語り始めるヒナちゃん。
「社会の前室」と表される高校生活が趣深く、
合否を「運命の分かれ道」的に捉えつつも、
受かったから平穏無事に進むとも限らず、
落ちたコトで這い上がっていく場合もあると、
わかりやすく説き、励ましている様子☆(⌒-⌒)b
「万が一アカンかったとしても、人生の割り算で」
「ホンマにちょっとのコトやから」独特の表現で、
「人生勉強の1つ」と結論づけられました( ´ ▽ ` )
オープニングナンバーは“キング オブ 男!”です☆

Jr.時代のファッションについて、
スーツ派とジャージ派の何れかを問われ、
「どのJr.時代やろ?」的に唸るヒナちゃん。
「一番酷かったのは裸にオーバーオール」
再び伝説の装いに触れられています(T▽T)
当時はファッションに無頓着だったと語りつつ、
モード系の流れがあったのは憶えているようで、
「小綺麗な、年相応じゃない」などと評し…。
それがスーツ派だったのかもしれませんね(*^m^*)
「高かったしなぁー見に行ったりはしたけど」
ボヤきながらも、気になっていたんだなぁと(*^^*)v
「けど、ジャージって知らんなぁー」
「B系でブカブカが流行ったりしてたけど」
なんとなく、そちらがジャージ派かと(;^_^A
「大阪と東京は違う」みたいなコトも、
チョコチョコ、口にしていましたねぇ。

最近「通信」の存在に気付かれたという方に、
「新規⁉︎ここへきて」驚嘆するヒナちゃん( ̄▽ ̄;)
「夜ふかし」をご覧になったお母様が、
「歌より司会が向いてる」仰ったそうで、
司会を務める際の気構えなどをお尋ねでした。
「俺に訊くかね?それ」言うて暫し笑い、
「歌も踊りも好きですよ」説明したり(ノ▽≦*)
司会者の立場で心掛けるコトに関しては、
以前の方がキッチリ構えていたみたいで、
「MC」よりも「司会者」の像が頭にあり、
「ハシャいだらアカン」自制していたようで(・・*)ゞ
生放送では特に時間を気に掛けているらしく、
某帯番組での振る舞いを思い返したり…。
「ライブでも話だけしてても疲れるやろ」と、
コンサートでの気配りまで伝わるようでした( ´ ▽ ` )

「酔うとしてしまうコトは?」なる質問に、
「最近は寝る」「『何をする』とかない」
「深酒もなくなった」ハキハキと回答(⌒-⌒)b
先の誕生日、お祝いの席が設けられたようで、
いつもより早いペースでご機嫌に飲んだ結果、
「10時半には寝てた」グッスリだったとかσ(^_^;)
基本的には、酔っても変わらないそうで、
「このままテンションが高なる」とのコト☆
過去に何度か記憶を飛ばすほど飲んだ際も、
気心の知れた仲での盛り上がりの延長だと語り、
「パスタは噛も」あたりを思い出したり(ノ▽≦*)

お笑いを始められるというリスナーさん、
お友達とのコンビ名を考えられているそうで、
ヒナちゃんにアイディアをお求めでした( ̄▽ ̄;)
「万が一、デビューなんて話になったら…」
かなり先のコトまで思い描いたようで、
「スベっても俺のせいじゃないから」
「提案はするけど」的に断りを入れつつ、
「ウケたら版権は俺のモンやから」と…。
ジャイアン的なアレでしょうか?(O_O)
命名に際し「材料少なすぎる」言うあたり、
真剣に考えているのが伝わってきます☆( ´ ▽ ` )
思案の後にヒナちゃんから発せられたのは、
「16の昼」という衝撃的なワード(◎_◎;)
「尾崎さんで“15の夜”あるやん?」
そこから引っ張ってきましたか(ノ▽≦*)
「『夜』やったら健全じゃないし」
「学校で盛り上がったんやろうから」と、
名前の由来を訊かれたときのコトまで、
キッチリ想定しているあたりが素敵です(*TーT)
「先ず踏むとこやから」念を押した後で、
「これをベースに考えて頂いて」なんて、
親切に伝えているのが温かかったです♪( ´▽`)
ここでの“アネモネ”がまた沁みますねぇ☆

名言には「言い訳ってコトかな?」と、
恋愛に関しての言葉だと解釈した後、
「ここまできたら墓場ですよね」なんて、
ドキッとするような発言もあったり( ̄ー ̄;)
コミックの中で2匹の猫が登場するとあり、
「猫見知りしよったんか」あら、可愛い♪(〃▽〃)
ヒナちゃんの飼い猫チーちゃんについて、
「他の動物に会うたコトないなぁ」語り、
「去年は舞台の楽屋に連れてったりして」
そういえば語られていましたねぇ(*^o^*)
「自然界で会うとるのは…カナブン」
これまた意外なワードに魂消ました(T▽T)
昼間はチーちゃんをベランダに出し、
帰ってから部屋の中に入れたりするようで、
そんな中「カナブンめっちゃ落ちてんねん」
「格闘に勝っとるんやろうなぁ?」的な( ̄ー ̄;)
「現場は見てないけど、めっちゃ落ちててん」
「アイツ、カナブンキラーかも…」と、
逞しく育っているのが窺えるようですσ(^_^;)
空を飛ぶモノに反応していると読み、
「猫の瞬発性、あのアジリティは…」
これまた難しい語句が出てきちゃいました(;^_^A
「ちょっとどころじゃないアホ」なんて、
飼い主に言われてしまうチーちゃん(⌒-⌒; )
ベランダの小屋などに登るだけ登っておいて、
降りられなくなり、助けを求めて鳴くとか、
想像しただけで、ヤバいんですけど(*´ェ`*)
「ホンマ気まぐれ、だんだんわかってきた」
「腹減ったと思って飯出したら食わへんのに」
「便所行って戻ったら食うとんねん」とか、
惚気っぽく聴こえるのは何故でしょう?(〃▽〃)

同じく猫を飼われているリスナーさん、
飼い猫さんのために猫タワーをご所望で、
ヒナちゃんの協力を仰いでいらっしゃいます。
しかし「俺も置いてないねん」アッサリ(T▽T)
ネットなどで色々と探した経緯があるらしく、
幾つかのオモチャを買い与えたんだそうです。
「キラキラのボールにマタタビ塗って」とか、
愛情が感じられてホッコリしますねぇ( ´ ▽ ` )
何れも嵩張るらしく「荷物シャレならん」
「なんやかんやでモノ増えたから」と、
買い替え可能なモノを中心に選んでいるようで、
「ネズミのサンドバック版」とか、
「ちっちゃいシャカシャカハウス」とか、
名称だけではわからずとも面白そうです♪((o(*^^*)o))
結果「猫タワーの重要性は俺にはわからん」
「自分で解いてみよ!」説得を勧める形に(;^_^A

エンディングでも、Jr.時代に関するご質問。
高速バスの利用経験を問われれば、
「僕はないけど、マルはチョコチョコ…」と、
有難い情報が添えられるのも嬉しいです♪( ´▽`)
東京帰りの翌朝に大阪の仕事が入っていた際、
新幹線に間に合わず、始発でも厳しいとあって、
マネージャーさんが車で大阪まで送られたとか?(◎_◎;)
ヒナちゃんは車内で眠っていたようですが、
マネージャーさんは東京へ…お疲れ様です(シ_ _)シ
「『青春18きっぷ』とか、やっときたかった」
心残りを少しだけ明かしたヒナちゃん、
「楽しめるうちに楽しんだ方がイイ」と、
リスナーさんへの助言に変えていました☆(⌒-⌒)b

by marooon8 | 2014-03-03 23:58 | エイトごと

<< 3月3日∞拍手御礼 eighter's p... >>