愛ノカタチ

IE8をインストールしたものの、未だ表示等に馴染めてません。
でも「8」ってだけで幸せを感じてしまう自分が結構好きです。

ちなみに今日はレタスの葉と間違えて芋虫をムギュッとやりました。
 (↑何にちなんでるんだろう?/汗) 
どうにも形容し難い感触でしたが、虫そのものは苦手じゃありません。
大きなカマキリを見つけてテンション上がり、
指を挟まれながら遊んだりするケースも(小学生男児並み)。
カブトムシとか押し付けてヒナちゃんを脅かすコトが
夢と言えば夢です。精神的には概ねSです(←その報告要らない)。

こうして虫の話に時間を割きたかったワケじゃなく、
エイトに関して想うところなんかを綴ってみたいと…(展開メチャクチャ)。

私ってヤツは昔から相当なミーハー女でして、
これまでもアチコチに目を向けてはキャーキャー言ってきました。
しかもタチの悪いコトに「熱しやすく冷めやすい」タイプなんです。
一気にガーッとハマって、そのまま失速(解熱)するといった流れ。
で、ひとたび冷めてしまったら再加熱は殆ど不可能に近いです。

それが、エイトに関してはちょっと特殊に思えるんですよね。
「なんだ、なんだ?」と興味を持って観察し始め、
繰り返し見ているうちにどんどん興味が増していき、
知れば知るほど好きになっていく…という今までにない現象。
不思議に感じてしまうほど、自分的には稀なハマり方なんです。

でも、こういう性格(性癖?)だったりするので
ふと我に返って「このまま冷めてしまったら…」と思うコトもあります。
コンサートで「一生ついてきて下さい」という言葉に応じつつ、
内心では「ついて行けるんだろうか…」と考えてしまいますし。
経験上「明日のコトはわからない(©林檎)」という冷めた見方もあり。
人の気持ちばかりはどうしようもないというか…。

でも、今この瞬間の私は、全力で「エイトを愛してる」と言えます。
「それで十分なはず」と自己帰結させてるワケですけどね。
この状態が長く続けばイイなぁと。それも無理のない範囲で。

by marooon8 | 2009-07-14 16:44 | エイトごと

<< ジャニ勉(BS)-高橋ジョージさん- Re:丸の大切な日 231日目 >>