2013年 01月 07日 ( 5 )

謎解きバトルTORE 2時間SP 1/7

先週の今頃は「紅白」に興じていたんですねぇ。
かなり前の出来事みたいに感じられるワケで(*゜‐゜) 

さて、この番組への出演は、
マルちゃんの誕生日以来でしょうか? 
ヒナヤスの奮闘ぶりを思い出したり♪(*´σー`) 

後輩と共演する久しぶりの機会、
どんな形で絡むのかも楽しみでした☆((o(*^^*)o)) 

閉店作業を終えて戻ると、
美輪さんがいらしてビックリ!(ノ゜⊿゜)ノ 
ファラ林さんの相談を受けていらっしゃいましたね(ノ∇≦*) 

女性アイドルチームが挑戦する中、
サポートルームにヨコヒナの姿はなく…。
見逃しているだけかもしれませんけどねぇ(・・*)ゞ 

色々と気に掛けながら、
私は入浴タイムズへと参ります(寒)。
スッキリチームの解答を聴いたためか、
脳内では“クルトン”が鳴り止みません(〃∇〃) 

リビングに戻って母へ尋問すれば、
「ヒナが答えよったよ」有力情報が(-ω☆) 
山田くんと有岡くんが「岩の間」に登場し、
関ジャニ∞とのエピソードを問われて黙り込めば、
サポートルームに苦笑いの2人を発見しましたっ!(*゜▽゜ノノ゛☆ 
後輩達に「進んでへんぞー」なんて脅していたような( ▽|||) 

そして「崖の間」に挑むヨコさんっ!(ノ´▽`)ノ 
初っ端からシレッと「パス」してるんですけど(T▽T) 
「サポートアタック」なるルールで攻撃されなくとも、
残念な結果に終わってしまうのが「左目探偵EYE」兄弟(_ _。) 
エールを送るヒナちゃんが見られたからイッツオーライ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

後程、ヒナちゃんの勇姿もチェックしまーす☆(・◇・)ゞ 

by marooon8 | 2013-01-07 20:55 | エイトごと

Re:丸の大切な日 1/7

もなかくん、きどうかいぎ。

 「漸くな、どらちゃん」の機会が
訪れちゃいましたかぁ~っ◎ 
 昨年末以来かと思われ、
スタッフさんとも和気藹々と
過ごしている様を思い描いたり♪ 
工場ではきっと和やかな貴方の
笑顔が咲いているんでしょうね☆ 
 放映まで2週間を切ったところ、
先の展開を楽しみにしている様子の
ソワソワ山さんが可愛らしいです V 

 岡田さんの作品と向き合うのも、
久々に思えて期待値が上がりますね(*´-`*)♪ 

無論、準備万端でお待ちしています☆ 



  半日の勢☆ 

清々しい色を写してくれて、
どうもありがとう!

by marooon8 | 2013-01-07 12:23 | マルごと

Break my road

おはようございます♪ 
冷え込みの厳しい月曜日、
ギリ午前中でしょうか?(;^_^A 

薄日が射し始めたおかげで、
ちょっと暖かく感じられるような…。
メンタル面で好影響かもしれません☆(⌒-⌒)b 

遅寝+休みボケによって、
2013年、遅刻初めと相成り、
かなり慌てさせられました(=◇=;) 

こういう日に限って、
洗濯物が多かったりしますし(ノ_-;) 
ま、早く干せばイイだけの話ですけど(・・*)ゞ 

一先ず、親は気付いていないので、
イッツオーライ♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ←良くないし 

開き直りもそこそこに、
己の道を開拓しましょう☆ヽ(▽⌒*) 

by marooon8 | 2013-01-07 11:54 | ワタクシごと

坂上り壁破り和語り

今週の業務が始まる前から、
来週の連休に想いを馳せています♪( ̄∇ ̄*)ゞ 

2013年「関ジャニ通信」初め、
冒頭「大変遅れましたけれども、改めまして」
「あけましておめでとうございます」
賀正っ☆(ノ´▽`)ノ 
「新年1発目の関ジャニ∞メンバー、ゲストはこちら」
「どうも!30年後に1歩近づきました!丸山隆平です」
ロッキングチェアかハンモックか…どうなるでしょ?(*^.^*) 
「ドラマやるんでしょ?」「映画もねぇ?」なんて具合に、
ヒナちゃんが進め、マルちゃんが答える感じも面白く♪(*´σー`) 
「2012年、色々ありましたけど」「いつもの感じで」
「お送りしたいと思います」
望むところでございます☆(*▼▼)ゞ 
「オープニングナンバーはこちら」
「年の初めといえば、やっぱり、このナンバー」
「“浪花いろは節”」
春から縁起がイイっす!v(≧∇≦)v 

2度目の挨拶では「丸山隆平です」と名乗り、
「縮めてきましたねぇ」「ショートバージョンで」
バリエーション豊富ですね♪(〃⌒∇⌒)ゞ 

お節料理が苦手な30歳のリスナーさん、
「意味がわからない」的に仰っています。
マルちゃんが「年々好きにはなってきましたけどねぇ」
「楽しみ方というか、一口ずつやったり…」
答えれば、
「意味が全部あるからねぇ」ヒナちゃんが続けます。
「縁起物とか?」「『健康で』とか『災難が…』とか」
リスナーさんの「意味がわからない」発言にお腹立ちのようで、
「『コイツ』とか止めた方がイイよ」窘められても、
「同いやから、タメやからコイツ」止める気はないようです( ̄∇ ̄;) 
「こういうコトを言い出すと、下の世代が離れていくワケですわ」
「三箇日もコンビニで済ませたり」
収まらない様子のヒナちゃん、
「親になったときに、何て答えるつもりやねん」ちょっと頷けるかも(・・*)ゞ 
一旦は「尤もな意見ですね」なんて応じるマルちゃん、
「でも、ラジオを楽しく聴いてくれてんねやから」やんわり諌め、
「俺も『説明しろ』って言われたらわからへん」と返され、
「どうも、ありがとうございましたー!」お後が宜しいようで♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ 

次のメールを送られたリスナーさんは、
マルちゃんがお好きな中学3年生だそうで、
何故か「バカヤロー!」言うてるハイテンション山さん(; ̄ー ̄) 
マルちゃんの影響で、苦手だったシャケを克服されたらしく、
将来はシェフになるのが夢だと告げていらっしゃいます♪(*'▽'*) 
「シャケを好きなヤツがシェフになるんか!」
「ええぞー!」
おそらく響き的にもアリでしょうね(⌒-⌒)b 
エールを送るようヒナちゃんに促されれば、
「ひぃー、俺に応援させるですか?」日本語が(ノ∇≦*) 
「このペンネームを考えられたら大丈夫さっ!」
「君のガッツがあれば大丈夫さっ!」
「君は中3でシャケを克服したんだろ?」
「その根性があれば大丈夫さっ!」
歯切れ良く発して、
「締まりは良かったですから」褒められていたという(*^^*ゞ 
「好き嫌い克服してシェフって素敵やん」一番の励みになるかと♪(〃∇〃) 

続いてもマルちゃんファンのリスナーさん。
アリーナで、お母様に最高の席をプレゼントされたらしく、
お母様はマルちゃんにキュンキュンきたとのコト…わかりますっ!(*TーT)b 
「アイドル冥利に尽きるねぇ」言いつつ、お母様へのメッセージを求められ、
「お母さんの名前はわからへんなぁ」「今までは遠めの席やった」
「アリーナも久々やったから」
説明の入り方が寸止めコント的な流れに(T▽T) 
「迸る汗とかも見えてたワケか?」みたいに乗っかりながら、
「いい加減に言わしてもらってイイですか?」堪り兼ねて訴えます。
ブツブツ言うてたヒナちゃんは「反省出てた?声に」トボけモード( ̄m ̄〃) 
「メッセージは?未だ言うてないの?何で?」逆に問い質し、
「心籠めて言うとこやったよ」「声が被ってたから」反論は弱く(_ _。) 
「オカンに一言ね?」「産んでくれてありがとう!」漸く発したと思えば、
「お前のオカンちゃうから」「ややこしいなぁ」言われてしまったり(ノ||| ̄▽)ノ 
「追跡ボックスでええか?」「なくなった、コンピューターシステムが故障中やから」
最終的に「キュンキュンしてくれてありがとうございます!」で締められました♪(´▽`) 

看護学校に通われているリスナーさん、
続けられるかどうかで悩んでいらっしゃるようです。
ここでも、ヒナマルの一悶着がありながら、
マルちゃんの「ありがとねぇー♪」が可愛いからOKっす(≧∇≦)b 
デビュー前の心境を訊かれ「悩んだりかぁ…」
「嫌なコトって忘れてるねぇ」
ポツポツと語るマルちゃん。
「お世話になってるメイクさんとかに」
「『止めよっかな』って言ったりしてたらしい」
「思ったコトあるかもしれないけど…」
無自覚なんでしょうか?(* ̄- ̄) 
一方のヒナちゃんも「ちっちゃいコト忘れてるんで」
「思い詰めるというほどじゃなかった」「1人じゃないっていうのがあったし」

「あと『それしかない』っていうのが…それで育ってきたから」
「今の自分のやってきたコトを信じて、やっていくのが大事」
「今が立ち止まる時期なのかも」「乗り越えたら忘れてると思うけど」
「あとで楽しい話になるから」「どの道に進んでも壁は出てくる」
「楽な道はないから」
なんとなくレンジャーを思い出したり(*゜‐゜) 
「逃げじゃない、乗り越えるのと一緒」「自分なりの乗り越え方を…」
更なる励ましの言葉として「月並みですけど『頑張れ』と」
「僕は『大丈夫!何とかなるさ』」それぞれの良さがありますね♪(*´∇`*) 
「僕は頑張らないですけどね」ボソッと何か仰いました?( - ゛-) 
「それでは、曲いきましょうか」「はい、聴いて下さい」
「そんなときは“無限大”」
こんなときにフルコーラス♪(〃⌒ー⌒〃)ゞ 

名言&作品紹介、名言に「まぁまぁ、ゲームみたいなコト」
「魔性の女の考えるコトや」「出来ればキングでお願いします」
チェスがどうこうという喩えで…ルールがわからず( ̄ー ̄;)ゞ 
コミックの紹介では「メルヘンチックな話ですねぇ」
「のどかな田舎の方の話なんでしょうね、心洗われる」
「忘れていたモノを思い出させる作品」
何やらコマーシャル風な流れに(;^_^A 
ヒナちゃんから「ホッコリした?最近」問われたマルちゃん。
「ホッコリしてるけどねぇ」「何をしてるときが?」
「『はじめてのおつかい』にゲストで出さしてもらって」
「あれはホッコリするなぁ」おや、貴方もお好きで?( ̄m ̄* ) 
「子供って独り言言うねんなぁ」「漫画の青年のセリフみたいな」
「ドラマチックなんよね?」「お母さんが泣いて迎えて」
「買い物してきた子供は誇らしげに帰ってきて」「男の子の顔になんねんなぁ」

「むっちゃホッコリするやん」ヒナちゃん、感情移入しているような(ノω・、) 
「自分のちっちゃい頃とか、ここまでシッカリしてなかったなぁとか」
「どの年代が見てもホッコリ」「同年代やったら『私にも出来るのかな?』って」
「学生さんやったら『あったなぁー』って」
「親やったら親で、我が子と照らし合わせたり」「誰が見てもホッコリ」

「スタジオでも、思い出して泣いてんねやろなぁ」
「家庭の話とかしてるとこも泣く」「スタジオの人達見ながらもホッコリ」
「誰もが経験するコトの追憶というか、心安らぐ瞬間というかね」
「家族の団欒の時間って、小中高と…」
「ほっこりタイムな?」
「その頃は『友達と遊びに行きたい』とかあったけど」
「今は、家族で温泉旅行とか」
「超ほっこりタイムやん」
「親父と晩酌とか、母親と想い出話したり、妹と弟が遊んで…」
「自分にも余裕が出来てくるから」情景を思い描いているのでしょうか?(*´σー`) 

エンディングは“愛でした。”をバックに、
「マルに相談が…ホンマによう来んねんなぁ」察しました(*▼▼)ゞ 
ご親戚の皆さんで集まって抱負を言い合う中、
盛り上がるようなギャグを考えてほしいとのご要望です。
「ツカミかぁ…年明け、初めな?真剣なとき」
「親戚が多ければ多いほど、空気換えたいなぁーって」

ヒナちゃんが告知を進める間にシンキングタイムが設けられ、
「集まって頂いてありがとうございます」
「『鏡餅パッカーン!』というコトでね…」
「さよならー!」
何やらボソボソ呟く声がフェードアウトしていきました(*TーT)b 

by marooon8 | 2013-01-07 02:05 | エイトごと

1月6日∞拍手御礼

こんばんは☆ 
「山本五十六」をボンヤリ観ました。
「あ、8の倍数☆」的に反応するあたり、
eighterの性かもしれませんね(←履き違え)。

1月6日ってコトは、
「色の日」でしょうか?(*´σー`) 

終日、ゴロゴロし通しで、
一歩も外へ出ずに過ごしました。
何故ならデズニーランド在住ゆえ…。
色気も面白味もないヤツでゴメンナサイ( ̄∇ ̄;) 

概ね怠けモードで過ごす中、
昨年末の番組編集に没頭しました。
「紅白」を見てはニヤッとしたりウルッときたり。
1週間も経っていないのが信じられないくらいです(*゜‐゜) 

今日も拍手を頂けて凄く嬉しかったです。心が華やぎます♪ 
クリックして下さった皆様、ホントにどうもありがとうございました。

by marooon8 | 2013-01-07 00:01 | 感謝ごと